アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 中村俊介、30作目の浅見光彦「見た目変わっていない」と自負

中村俊介、30作目の浅見光彦「見た目変わっていない」と自負

 俳優の中村俊介が4日、東京・お台場のフジテレビで同局系の主演ドラマ最新作『浅見光彦シリーズ44 砂冥宮』について会見した。ルポライターの浅見光彦が難事件を解決する人気シリーズ。初代・浅見光彦の榎木孝明からバトンタッチを受けた中村は第15弾の『金沢殺人事件』(2003年2月28日放送)から10年、今回の作品が出演30作目となる。また、原作者・内田康夫氏の小説に浅見光彦が登場してから30周年を迎える。

 「浅見光彦は今の僕には欠かせないものです。10年経ちましたか…」と感慨深げな中村は、この10年で変わったことを問われ「気持ちは10年前と一緒ですね。見た目も変わっていませんし…」と“永遠の33歳”であるキャラクターを地で行く自負をのぞかせた。

 さらに「浅見のまっすぐなキャラを大事にしてきました。浅見光彦というキャラクターにどんどんなじんでいきましたので、何が変わったかわからないですね。台本は深く読み込むようになったかな。俳優として一歩一歩、成長していっていると思います。でも、台本を覚えるのは遅くなったと思います」と苦笑いしながら10年間を振り返った。

 金曜プレステージ『浅見光彦シリーズ44 砂冥宮』は、昭和の文豪・泉鏡花の『草迷宮』の舞台のモデルとなった旧家の当主が巻き込まれた殺人事件の真相に迫る。4月27日(金)午後9時より放送。



関連写真

  • 「中村俊介 祝 浅見光彦シリーズ30作 10th Anniversary from2003」とデコレーションされたケーキと30本の赤いバラの祝福に笑顔で答える中村俊介
  • 中村俊介出演30作目となる『浅見光彦シリーズ44 砂冥宮』は4月27日(金)午後9時よりフジテレビ系で放送

オリコントピックス