アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 政治評論家・三宅久之氏、渡辺恒雄会長と最後の“盟友対談”

政治評論家・三宅久之氏、渡辺恒雄会長と最後の“盟友対談”

 3月末でテレビ出演、講演、執筆など、すべての評論活動からの引退を宣言していた政治評論家・三宅久之氏が、同じ政治記者として共に活躍し、50年来の付き合いのある読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆の渡辺恒雄氏との“盟友対談”に臨んだ。「三宅先生ご卒業!?スペシャル」と題してあす25日(日)放送される、読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』(後1:30)の目玉企画として実現。にこやかに笑顔で三宅氏と意見を交わす渡辺氏の姿が印象的だ。

【写真】その他の写真を見る


 政治記者・評論家として第一線で活躍してきた三宅氏の経歴は、まさに日本の戦後政治史そのもの。そんな“政界の生き字引”の三宅氏が、なぜ引退なのか。番組では、三宅氏の60年に及ぶ取材活動の中から「これだけは忘れられない」という5大ニュースをピックアップして、その政治記者人生を振り返る。

 渡辺氏との対談では、大物政治家と堂々と渡り合った思い出話を皮切りに、最近の政治家について思うこと、メディアについて思うことなどが語られる。そして、TBS系ドラマ『運命の人』に登場した渡辺氏らしき人物についての秘話や、二人で怒鳴りあいの喧嘩をしたという貴重なエピソードも…。「大阪維新の会」で注目を集めている橋下徹大阪市長、「石原新党」はあるのか、消費税増税は、原子力発電は是か非か、など二人だからこそ語れる“最後”の激論が交わされる。

 引退を表明している三宅氏だが、同番組に限っては、“委員長”のやしきたかじんが病気療養中と言う緊急事態のため、当面は特別に継続して出演することになった。



関連写真

  • 引退表明の政治評論家・三宅久之氏(左)が“盟友” 渡辺恒雄氏(右)と最後の激論対談(C)読売テレビ
  • 対談の収録は読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆の渡辺恒雄氏の部屋で行われた(C)読売テレビ
  • 3月25日放送予定の『たかじんのそこまで言って委員会』は「三宅先生ご卒業!?スペシャル」。右は司会の辛坊治郎(元読売テレビ解説委員長) (C)読売テレビ
  • 3月いっぱいですべての評論活動にピリオドを打つことを表明している三宅氏だったが…(C)読売テレビ
  • 番組の最後に、病気療養中のやしき委員長から三宅氏宛に直筆の手紙が…(C)読売テレビ

オリコントピックス