ドラマ&映画 カテゴリ

小林幸子、初挑戦の“昼ドラ”で『ミタ』をライバル視 無表情なPTA会長役

 女優の真琴つばさ主演の新“昼ドラ”『七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜』(4月2日スタート、毎週月〜金曜 後1:30 フジテレビ系)の制作発表会が22日、東京都内で行われ、主要キャストがそれぞれ意気込みを語った。テレビドラマへの出演そのものが初めての真琴は「過酷なドラマ撮影の洗礼を受けました」と緊張気味。昼ドラ初挑戦の歌手・小林幸子は、真琴演じる主人公と敵対するPTA会長役で、全シーンに黒の衣装で登場し無表情を貫く。『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を彷彿(ほうふつ)とさせる役柄から「ライバル視は?」と質問された小林は、「もちろん」と力強く答え、真琴と「『会長はミタ』って感じ?」「うまい!」と大興奮だった。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、子どもがいることを隠してモード系ファッション雑誌の編集長としてバリバリ働き、その子どもが小学校に入学したのを期にPTA活動にも参加することになる主人公の陽子が、PTAのさまざまな掟に翻弄されながらも、仕事と母親業の両立に努め、成長していく物語。会見にはPTAの“仲間”を演じる有森也実小林綾子小野真弓も会見に出席した。

 母親たちが集まるPTAは、かつて真琴が所属した宝塚歌劇団にも通じるところがあり、「宝塚も組長によって、組のまとまり方が違う。PTAも同じところあるなって共感しました」。また、PTAの中で仲間外れにされる気が弱くて、空気が読めない専業主婦・久美を演じる小林は「30年ほど前に出演したドラマ(NHK『おしん』)に似ているな。でも、演じていて楽しい」と話し、会場の笑いを誘っていた。

 有森は、夫が区議会議員というセレブ主婦・まどか役で、ほかの母親たちを縛り付け、陽子にも嫌がらせを繰り返す役どころに「視聴者を的に回すのは嫌だけど、役者としては面白い。パーフェクトでありたいと思うまどかに共感できるところもある」と話した。小野は3人の子どもを育てるシングルマザーで、スナックの雇われママ・礼子を演じる。「何でもズケズケ意見して、モンスターペアレントを超えて宇宙人だと思われてしまう役どころ。私はビビリだから、彼女のいいところをもらって強い小野真弓になりたい」と意気込んでいた。

小林幸子のチケット発売情報

関連写真

  • 『七人の敵がいる! ママたちのPTA奮闘記』の制作発表会に出席した小林幸子 (C)ORICON DD inc.
  • 真琴つばさと小林幸子のツーショット (C)ORICON DD inc.
  • 制作発表会で意気込みを語る真琴つばさ (C)ORICON DD inc.
  • 制作発表会で意気込みを語る有森也実 (C)ORICON DD inc.
  • 制作発表会で意気込みを語る小林綾子 (C)ORICON DD inc.
  • 制作発表会で意気込みを語る小野真弓 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる