アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 松坂桃李、新撰組の沖田総司に扮して時代劇シーンに初挑戦

松坂桃李、新撰組の沖田総司に扮して時代劇シーンに初挑戦

 俳優の松坂桃李が、4月12日放送の『名探偵コナン スペシャルドラマ「工藤新一 京都新撰組殺人事件」』(後9:00〜10:48 読売テレビ・日本テレビ系)で“時代劇”に挑戦している。昨年のレギュラー放送に続いて、西の高校生探偵・服部平次を演じる松坂は、「冒頭ですごい立ち回りがあります。そこから事件に巻き込まれて、高校生探偵としての平次の活躍が見られます」とコメント。今回のSPドラマのオープニングでは、平次が新撰組の沖田総司役で時代劇映画に出演する事になったという設定で、新撰組と勤皇志士たちが大立ち回りを演じる迫力満点のシーンから物語は始まる。

【写真】その他の写真を見る


 スーパー戦隊『侍戦隊シンケンジャー』の主演で俳優デビューした松坂だが、「時代劇っぽいような事はありますけど、こんな本格的な立ち回りは初めてですね。殺陣をやらせてもらって、カツラをかぶって、ちゃんとメイクもしました。それがちょっとイイ感じでした」と時代劇シーンを楽しんだ。劇中劇も新鮮だったようで、「二重撮影というか、(現場のスタッフが)時代劇の映画を撮っているところを、さらに撮っている。実際の監督もどこかに紛れているし、現場のスタッフさんが出演しているところが面白かった」と振り返る。

 時代劇映画の撮影シーンには、陣内孝則が演じる毛利小五郎がエキストラとして映画に出演する設定で、陣内は「今回は何故か(工藤新一役の溝端)淳平君より桃李君との絡みが多かった。桃李君はあまりにも立ち回りがうまい」と冗談を交えつつ、松坂の剣さばきを絶賛した。

 今作でアクションコーディネーターを務めた大道寺俊典氏も「訓練できていない人、初めての人は腰が安定しないけど、松坂君は腰が据わっていてセンスがあります。私が指導すると完全コピーしてくるので驚きました」と唸った。数多くの時代劇作品の指導にあたってきた大道寺氏が「私は殺陣に30年近くたずさわり、いろんな俳優さんを指導してきましたが、本当に筋が良いと思ったのは2人だけ。松坂君が3人目です」と太鼓判を押している。



関連写真

  • 共演者、スタッフを唸らせた松坂桃李の立ち回りシーンに注目(C)読売テレビ
  • 太刀筋を絶賛された松坂桃李(C)読売テレビ
  • 松坂桃李の凛々しい沖田総司姿(C)読売テレビ

オリコントピックス