アニメ&ゲーム カテゴリ

ヒーロー史上初!全仮面ライダー×全スーパー戦隊初共演!総勢485人の大バトル!

 仮面ライダーとスーパー戦隊がシリーズの枠を越え、劇場スクリーンで初コラボレーションする映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』(金田治監督、4月21日公開)の概要が9日、わかった。仮面ライダー50人、スーパー戦隊173人、怪人97人、戦闘員165人、なんと総勢485人! これほどまでのヒーローと敵キャラが1つのスクリーンで大暴れする作品は、特撮史上初、それはすなわち世界初の試みとなる。しかも、これまで長きにわたって地球の平和を守ってきた、仮面ライダーとスーパー戦隊に、その歴史を覆すような事態が発生。極寒の中で撮影されたヒーローと敵キャラが入り乱れ、大激突するラストシーンは圧巻の大迫力で、これまでの特撮作品の常識を覆す、まさに「ヒーロー新世紀」と呼ぶに相応しい作品が期待できそうだ。

【写真】その他の写真を見る


 今回の物語の中心となるのは、平成仮面ライダーシリーズ10周年で歴代の仮面ライダーが総登場した『仮面ライダーディケイド』(2009年)と、スーパー戦隊シリーズ35作目の記念作品『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011−2012年)。共にこれまでのヒーローという定義から少しはみ出したキャラクターで人気を呼び、過去の映画では全ライダーと全戦隊を率いた経験を持つ伝説の2作品が同じヒーローであるがためにヒーローという枠を奪い合って激突する。

 仮面ライダーディケイド=門矢士はすべてのスーパー戦隊を、ゴーカイレッド=キャプテン・マーベラスはすべての仮面ライダーを、それぞれ攻撃し始めた。今やディケイドは、これまでライダーと戦ってきた悪の組織が大同団結して誕生した「大ショッカー」の大首領となり、ゴーカイレッドもまた「大ザンギャック」の大帝王として君臨していた。いったいなぜ、こんなことになったのか? 大ショッカーや大ザンギャックの幹部たちが口にする「ビッグマシン計画」とは、果たして? この戦いの謎を解くため、「デンライナー」は過去の時間へ。フォーゼ、ゴーバスターズ、仮面ライダー1号、ゴレンジャーは…!? 

 ディケイドVSゴーバスターズ、ゴーカイレッドVSフォーゼ、そしてディケイドVSゴーカイレッドなど、これまでのヒーローの常識を覆すような凄まじい大バトルがスクリーンにて繰り広げられることになる。

 2011年は、Wアニバーサリーイヤーとして、4月に仮面ライダー40周年企画として歴代ライダーが出演を果たした『レッツゴー仮面ライダー』(興行収入13億円)が公開され、6月にはスーパー戦隊35作品記念『スーパー戦隊199ヒーロー』(9億円)という各ヒーロー大集合映画が企画され、8月には『仮面ライダーオーズ/海賊戦隊ゴーカイジャー』(17億円)というカップリング作品が成功を収めた。

 これまで、「夏」はライダーと戦隊のカップリング企画、「冬」は新旧ライダーの競作と新旧戦隊の競作というサイクルで劇場版が作られてきたが、2012年は新たに「春」に、ライダーと戦隊がコラボするスペシャルな企画を投入し、定着を狙う。

 この2大ヒーローが同じ画面に登場したのは、海外でのパワーレンジャーシリーズを除くと『仮面ライダーディケイド』のテレビ放送時に、同時期に放送されていた『侍戦隊シンケンジャー』の世界にディケイドが登場したことのみ。劇場版では同作が初となり(他ヒーローとの共闘作品『ウルトラマンVS仮面ライダー』を除く)となる。

 主な出演は、井上正大(門矢士/仮面ライダーディケイド)、小澤亮太(キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド)、戸谷公人(海東大樹/仮面ライダーディエンド)、山田裕貴(ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー)、渡部秀(火野映司/仮面ライダーオーズ)、福士蒼汰(如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ)、鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター)、秋山莉奈(ナオミ)、石丸謙二郎(オーナー)ほか。

映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』劇場鑑賞チケット発売情報

関連写真

  • ヒーローと敵キャラが大集合! 「スーパーヒーロー大戦」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映
  • フォーゼやゴーバスターズも活躍する 「スーパーヒーロー大戦」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映
  • ヒーロー史上初!全仮面ライダー×全スーパー戦隊初共演! 「スーパーヒーロー大戦」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映
  • ヒーローと敵キャラが大集合! 「スーパーヒーロー大戦」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映

オリコントピックス

 を検索