ドラマ&映画 カテゴリ

中国版『101回目のプロポーズ』のヒロインがリン・チーリンに決定!

 1991年に放送され社会現象を巻き起こした“月9”ドラマ『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)が中国で映画化されることになり、14日に北京市内で行われた会見に主演俳優と監督が登壇した。オリジナル版で女優の浅野温子が演じた悲劇のヒロイン役には、映画『レッド・クリフ』にも出演した人気女優リン・チーリンが決定。同作についてリンは「本当に素晴らしいドラマです。ドラマの主人公の薫の美しさと可愛さが、とても記憶に残っています」とヒロインを演じる喜びを明かしている。また、武田鉄矢が演じたお見合いに失敗し続けた男には、演技派俳優・ファン・ボウが決定した。

 今回の映画版『101回目のプロポーズ』(中国タイトル「101次求婚」)は、フジテレビが、中国の制作会社である新麗伝媒(しんれいでんばい)との共同製作としてプロジェクトを始動。中国版では、上海を舞台に、原作のエッセンスをふんだんに活かした純愛ラブ・ストーリーに。現代の中国都市生活の雰囲気をふまえたオリジナルのエピソードや物語展開も積極的に盛り込み、原作ファンだけではなく、新しいユーザー層にもアピールする作品を目指すという。

 主演のリン・チーリンは『レッド・クリフ』を筆頭に、国内外問わずさまざまな映画作品に出演する、中国を代表する女優のひとり。木村拓哉主演の同局系連続ドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』にヒロイン役として出演していた事も記憶に新しい。オリジナル版の大ファンだったというリンは、理想のプロポーズについて「今の年なら、誰かにプロポーズされたらすぐOKって言っちゃうでしょうね(笑)。場面として思いつくのは…例えば、気球に乗ってのプロポーズなんかは素敵だと思います」と笑顔で語り会場を盛り上げた。

 監督には台湾出身の若手注目株のレスト・チェンが決定。レストは今回のリメイク映画について「家族みんなで一緒に見て、泣いていました。高校生の時、台湾で再放送されたのをもう一度観た時に、初めて、描かれているのが本当の心の愛の物語であることがわかったことを覚えています」と感慨深げに話した。また会見にビデオコメントで登場したフジテレビ・大多亮プロデューサーは「(同時期放送された)『東京ラブストーリー』が終わった時には、『中々これ以上の作品は作れないだろう』と思っていたのですが、逆に、あえて挑戦的な作品でそれ以上のムーブメントを起こしたいと思い、懸命に作り上げた。中国でよみがえる『101回目のプロポーズ』がすばらしい作品になることを願ってやみません」と期待を寄せた。

 『101回目のプロポーズ』は1991年7月1日〜9月16日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日放送され、最終回が番組最高視聴率36.7%を記録した大ヒットドラマ。“99回のお見合いに失敗した男”と、心に深い傷を負ったオーケストラのチェリストによるラブストーリー。再び恋人を失うことを怖いと告白する浅野演じる薫の前で、武田演じる達郎がダンプカーの前に突如飛び出すシーンの「僕は死にません。僕は死にません! あなたが好きだから。僕が、幸せにしますから!」は名台詞として語り継がれている。同局の“月9”ブランドを確立したドラマのひとつ。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索