ドラマ&映画 カテゴリ

卵子提供、高齢出産、子供の障害… 野田聖子議員のドキュメンタリーを放送

真輝くんの1歳の誕生日を祝う野田聖子議員(C)フジテレビジョン

真輝くんの1歳の誕生日を祝う野田聖子議員(C)フジテレビジョン

写真ページを見る

 米国で卵子提供を受け50歳で出産した現職の衆議院議員・野田聖子氏と今年1月6日に1歳の誕生日を迎えた息子・真輝くんに密着したドキュメンタリー『私は母になりたかった 〜野田聖子 愛するわが子との411日〜』が、フジテレビ系金曜プレステージ(1月20日、後9:00〜10:52)で放送されることが8日、わかった。野田氏本人から「ありのままの自分を取材して欲しい」という依頼を受け、出産前から密着。真輝くんの誕生とともに始まった壮絶なる闘病の日々を追った。

 1年2ヶ月にわたり密着取材したフジテレビ情報制作センターの岡康治プロデューサーは「子供の授かり方についてはさまざまな論議があります。野田さんには、卵子提供という方法しか残されていませんでした。これもまた、一つの現実です。野田さんが取材に協力してくれたのは、“子を望む母の想いを少しでも感じてもらえたら、不妊という事実にもがき苦しんでいる女性たちに何かのヒントになれば、一人の女性として記録に残したい”との思いでした」と、背景を語る。

 野田氏は、40歳の時に自然妊娠が不可能な体であることが判明。14回の不妊治療を繰り返すも、残念ながら出産にまでは至らなかった。流産という悲しい出来事も経験。そして、彼女は“卵子提供”という道を選択する。2010年初春、卵子提供が法律で認められている米国・ネバダ州で、夫・文信氏の精子とアメリカ人の卵子による受精卵が野田氏の子宮に戻され、念願の妊娠をした。

 しかし、その時から母と子の闘いが始まった。母体は「切迫流産」の危険性と「羊水過多」による身体的な苦痛に見舞われた。一方、お腹の中の子どもはエコー検査で「臍帯ヘルニア」と「心臓疾患」の可能性の指摘を受けたのだった。2011年1月6日、野田家に待望の男児、真輝くんが誕生するも、すぐに臍帯ヘルニアの手術を受けることに。同時に「食道閉鎖症」の所見がみられ、食道に対する緊急手術も行われた。さらに、出産から2週間後の野田氏も子宮を摘出する手術を受け、2度と子供を産むことができなくなってしまう。

 2011年5月中旬、真輝くんは心臓(極型ファロー四徴症)の手術を受ける。かなり危険が伴うものだったが、自らの生命力でこの困難を乗り越えた。その後、順調に回復しつつあった真輝くんだったが、10月17日の朝、突然の3分間の呼吸停止。幸いなことに、命に別状はなかったものの、右手、右足の麻痺、脳梗塞の所見などの試練が襲い、11月には医師から気管切開の提案を受けることとなる。真輝くんの可愛らしい声と引き換えに行われるこの手術を、夫婦は承諾した。二人で何日も悩み続けた末の苦渋の決断だった。

 年が明け、2012年1月6日。真輝くんは1歳の誕生日を迎えた。生まれた瞬間から過酷な運命と闘いながら、懸命に生きる息子。隣で手を握り、見守り、励ますことしかできない親の苦悩。ある夫婦の覚悟と選択、親と子の闘いの1年の、ありのままの記録を通して、家族とは、親子の絆とは、そして、生きる力とは何かを問いかける。
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索