ドラマ&映画 カテゴリ

永山絢斗、“友人”松田翔太の豹変ぶりは「鬼のようだった」

 俳優の松田翔太永山絢斗が26日、都内で行われた映画『ハードロマンチッカー』初日舞台あいさつに出席した。撮影中、役に没頭し鬼気迫る演技をみせた松田を前に永山は「普段とは違う別人な“鬼”のような翔太くんがいて、視界に入れたくないくらいでした」と告白。「そんな集中する姿がとても勉強になりました」と一礼すると、松田も「そう思っていただけたならよかったよ」と笑顔を向けた。

【写真】その他の写真を見る


 俳優・瑛太の実弟でもある永山が芸能界入りする前から交流があり、二人はプライベートでも遊ぶ間柄。自身も俳優・松田龍平を兄に持つ松田は「僕は次男なので、いつもは人との間を大事にしながらタイミングを図ってお茶目なこともやってるんです」と役柄とは正反対の一面も。「でも、現場では普段仲良しな絢斗も無視しなきゃいけない。(勉強になったと)そう言ってくれるのは嬉しいですね」と語った。

 同作は山口県下関市を舞台に、一匹狼の主人公グー(松田)が後輩の辰(永山)の起こした事件をきっかけに暴力の連鎖に巻き込まれていく青春バイオレンス作品。ステージに立った松田は「皆さんの気分はお察ししますが、こういう映画を作ってみました」とあいさつ。現場を振り返り「スタッフさんや監督の持ってるかっこいい“美学”に自分も参加できた。すごく自由にできたし、面白かったです」と充実の笑みをうかべていた。

 舞台あいさつにほかに柄本時生遠藤要グ・スーヨン監督が出席した。

関連写真

  • 松田翔太&永山絢斗 (C)ORICON DD inc.
  • (左から)遠藤要、柄本時生、松田翔太、永山絢斗、グ・スーヨン監督 (C)ORICON DD inc.
  • 松田翔太=映画『ハードロマンチッカー』初日舞台あいさつ (C)ORICON DD inc.
  • 永山絢斗=映画『ハードロマンチッカー』初日舞台あいさつ (C)ORICON DD inc.
  • 柄本時生=映画『ハードロマンチッカー』初日舞台あいさつ (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索