アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 水野美紀、主演映画を独自分析「女性は肌でわかるが、男性には意味不明かも」

水野美紀、主演映画を独自分析「女性は肌でわかるが、男性には意味不明かも」

 カンヌを始め世界中の国際映画祭で好評価を受けている映画『恋の罪』の初日舞台あいさつが12日に都内で行われ、女優の水野美紀冨樫真神楽坂恵ら出演者と園子温監督が登壇した。90年代に渋谷区円山町のラブホテル街で起きたエリートOL殺人事件からインスパイアされ、禁断の女の世界を描いた本作。主演の水野は、女性の欲望や隠れた願望を強烈に描き出す内容について「女性なら肌で分かるんじゃないかと思います。でも、男性にとっては意味不明と感じたり、怖いと思ったりするのかもしれません」と分析しながら、作品をアピールした。

 堕ちるほどにパワフルに輝く女性の生命力、“真に自由に生きること”を追及していく本作では、ヒロインの3女優が体を張った熱演を繰り広げる。性についての赤裸々なセリフも多いが、冨樫は「セリフはどれも一つひとつすごく印象に残っていますが、私が自分で一番驚いたのは、“SEX”という言葉を大きい声で言う場面です。“あれ、こんなに大きい声でこんなこといっちゃった…”と、自分でもびっくりしてしまって(笑)。普段そんなに大声で言う機会はないので、いい体験になったなと思います(笑)」と振り返り笑顔。一方、身も心もさらけ出したという水野は「演じたことを誇りにできる役だと思います」と語った。

 園監督は本作を「観終わった後で、女性同士でワイワイと盛り上がれる映画ではないと思います。女性の抑圧や解放について描きたくて、いろいろな女性にたくさん取材をして、自分の想像力ではなく彼女たちの考えを盛り込んだ映画」と説明。3人のヒロインは、女性たちに向け、「共感できる部分があったなら、それは皆さんも同じ闇を少なからず持っているということだと思います。それを受け止めて欲しいです」(水野)、「映画の中の女性は三者三様。その女の生きざまを垣間見ていただいて、自分に立ち返って考えてもらえたらと思います」(冨樫)、「自分で気付かなかった欲について気づく人もいるかもしれないし、気付かない人もいるかもしれません。ぜひ観た後で、女性同士で話をして欲しいです」(神楽坂)と、それぞれメッセージを送った。



関連写真

  • 映画『恋の罪』の初日舞台あいさつに登壇した冨樫真(左)、水野美紀(中央)、神楽坂恵 (C)ORICON DD inc.
  • 園子温監督 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス