• ホーム
  • 映画
  • 青山倫子主演の連ドラ『逃亡者おりん』が5年ぶり復活 来年民放唯一の時代劇

青山倫子主演の連ドラ『逃亡者おりん』が5年ぶり復活 来年民放唯一の時代劇

 女優・青山倫子が2006年に初主演した時代劇シリーズ『逃亡者 おりん』(テレビ東京系)が、来年1月に約5年ぶりに連ドラとして帰ってくることが7日、わかった。殺し屋として育てられたおりんの新たな逃亡劇を描く同作は、国民的番組『水戸黄門』(TBS系)が年内で放送終了することもあり、来年の民放で唯一の時代劇となる。青山は「時代劇は本当になくしてはいけないと思っています。ワンカットワンカットを大事に演じていきたい」と使命感を燃やす。

【写真】その他の写真を見る


 2006年10月から連ドラとして半年間、2008年9月にはスペシャル版も2回放送され、クールでストイックなヒロイン像が注目を集めた時代劇が、来年満を持して復活。闇の組織から逃れ、旅の途中で出会った人々との触れ合いを通して、人の心を取り戻していくおりんが、敵との終止符を打つ2時間スペシャルドラマ『逃亡者おりん 最終章』と、深夜ドラマ『逃亡者おりん2』の2本立てで展開される。

 当時、時代劇初挑戦にも関わらず、クールな表情でおりんを演じきった青山は「パート2では人間の心を取り戻して、ある人のために旅に出るところから物語が始まるので、『生きる』ということのとらえ方が変わってきていると思います。人間くさい感情を出したり、ほのかなロマンスがあったり、これまでとは違う新たなおりんをお見せできると思います」と新たなアプローチに気合十分。

 制作を手掛けるのは、42年の歴史に幕を下ろす『水戸黄門』など、数々の名作を生み出したC.A.Lと京都の東映太秦映像のスタッフ。民放から時代劇か消えかけている昨今に青山は「日本人の古き良き心、今私たちが生きているルーツが時代劇にはしっかりあります。今の時代でも無くしてはいけない、礼儀正しさや人と人との絆の大切さも時代劇には描かれているので、もっと増えてほしいと思います」と願いを込めた。

 また、連ドラで謎の青年武士・望月誠之助役で新たなメンバーとして加わる俳優・渡辺大は「この作品は救いのないような部分が多くて、でも生きていくという意味では、誠之助という役が希望を持ちながら生きていくおりんの手助けが出来たらなと思います」と張り切っている。

 2時間スペシャルドラマ『逃亡者おりん 最終章』(来年1月放送)では、宅麻伸六平直政山田純大左とん平あおい輝彦榎木孝明らも出演。香西かおりが主題歌「糸車、からり」を手掛ける連続ドラマ『逃亡者 おりん2』は深夜枠で放送(全11回)。



関連写真

  • 青山倫子主演の時代劇シリーズ『逃亡者 おりん』(テレビ東京系)が、約5年ぶりに連ドラで復活
  • (左から)青山倫子、渡辺大
  • 青山倫子主演の時代劇シリーズ『逃亡者 おりん』(テレビ東京系)が、約5年ぶりに連ドラで復活

オリコントピックス