• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

広末涼子、元ストリッパーの幽霊役に“感謝”「小さい子は観ないで」

 広末涼子が17日、都内で行われた宮藤官九郎脚本の連続ドラマ『11人もいる!』(テレビ朝日系)制作発表会見に出席した。約1年ぶりのドラマ出演となる広末は「まるで異空間にいるような気分で、とても楽しんで撮影しています」と満足げ。一方で、“元ストリッパーの幽霊”という奇抜な役どころに「(第2子を出産し)母性のど真ん中にいるなかで、乱暴で言葉遣いが悪いという、日常と正反対な役を与えてくれた宮藤官九郎さんに感謝しています」と、笑顔で宮藤に皮肉のコメント。作品をアピールする際にも「たくさんの人に観てもらいたいんですけど、小さい子は観ないでほしい…」と複雑な心境を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は“大家族”を題材に奇想天外な家族劇が繰り広げられるホームドラマ。仕事がないカメラマンの父・真田実(田辺誠一)、華はないが家庭的な妻・恵(光浦靖子)、8人兄妹の長男で、家計を支える真田一男(神木隆之介)、末っ子だけが見える先妻の幽霊・メグミ(広末)ら11人の家族の抱える悩みを描きながら、大家族だからこそ生まれる絆を紡いでいく。

 高校3年生ながらバイトを掛け持ちし、家計を支える主人公の神木は「現場ではみんな役名で呼び合おうと決めていて、それが『自分は一男なんだな。長男なんだな』と再認識できる。本当の家族みたいになっていて、これがずっと続けばと思います」と気合十分。役柄上、“結婚指輪”を輝かせ登場した光浦は「最近は母性の行き場に困ってたので、母親役は願ったり叶ったり。みんながお母さんと呼んでくれてすごく嬉しいし、バラエティのときの“悪い自分”を全部捨ててやってます」と浮かれっぱなしだった。

 兄妹の末っ子・才悟を演じる加藤清史郎は「僕がドラマで初めて話したセリフは宮藤さんが書いてくれた台本なので、また一緒にできて嬉しいです」と笑顔。それを聞いた宮藤は「そのとき、清史郎君は2歳だった。それで、今回現場に入って会ったら清史郎くんに『マネージャーを紹介します』って言われて…。年月が経つのはすごいね」と、“天才子役”の成長ぶりに目を丸くしていた。

 会見にはほかに田辺誠一、星野源有村架純金井美樹平岡拓真赤石那奈、福島北斗、福島海斗が出席。金曜ナイトドラマ『11人もいる!』は、10月21日より同局で毎週金曜午後11時15分より放送。

関連写真

  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席したキャストたち(広末は前列右端) (C)ORICON DD inc.
  • 主演の神木隆之介 (C)ORICON DD inc.
  • 広末涼子 (C)ORICON DD inc.
  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席した光浦靖子 (C)ORICON DD inc.
  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席した田辺誠一 (C)ORICON DD inc.
  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席した加藤清史郎 (C)ORICON DD inc.
  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席した星野源 (C)ORICON DD inc.
  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席した宮藤官九郎 (C)ORICON DD inc.
  • 連続ドラマ『11人もいる!』の制作発表会見に出席した広末涼子 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索