アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 志田未来&川口春奈が初ホラー映画でW主演

志田未来&川口春奈が初ホラー映画でW主演

 女優の志田未来(18)と川口春奈(16)が、ジャパニーズ・ホラー界の巨匠・鶴田法男監督最新作『POV〜呪われたフィルム』(2012年2月18日公開)でダブル主演することが11日、わかった。同じ所属事務所の先輩・後輩の間柄である二人の共演は、LISMOドラマ『恋色円舞(こいいろワルツ)』以来、2度目。今作はドキュメンタリー風に撮影したホラー映画で、両者が携帯電話向け番組の収録をしている“仕事の現場”から物語が始まる。志田は「今回、これ以上はないというほどの本当に恐ろしい体験をしました」と虚実入り混じる恐怖体験を振り返った。

 同作は、『ブレアウィッチ・プロジェクト』『レック/REC』『パラノーマル・アクティビティ』等、世界中でブームのPOV(ポイント・オブ・ビュー、主観撮影)ホラーの手法を取り入れ、キャストと番組関係者が実際に体験した映像と、川口が実際に通っていた中学の“学校の怪談”を撮影した心霊ビデオを元に制作された映画。「二人が所属する芸能事務所が、公にされることを頑なに拒んできた映像」という触れ込みだ。

 主演の二人はホラー作品への出演自体が初めて。志田は「あの体験はきっと大人になっても忘れないと思います。映画という形で公開されて皆様に観ていただくのが心配」、川口は「私の軽率な発言があんなことになるなんて、今、考えると恐ろしいです。もう思い出したくもない」と、現実のトラウマになってしまわないか懸念されるほどの恐怖体験をしたことは間違いない。

 いかにも本当にあった出来事のように撮られた映画の中で、二人は互いに「一人では怖くて逃げ出していたかもしれません。川口さんと一緒に力を合わせて乗り越えました」(志田)、「未来さんがいなかったら、どうなっていたか分かりません」(川口)と支え合い、フェイクではない絆を深めていく姿も見どころとなりそうだ。

【動画】映画『POV〜呪われたフィルム』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー




オリコントピックス