• ホーム
  • 映画
  • ドコモのCMで注目の女優・木村文乃、ブレイクの理由「開き直って、変わった」

ドコモのCMで注目の女優・木村文乃、ブレイクの理由「開き直って、変わった」

 9月23日公開のハートフルコメディ映画『極道めし』(前田哲監督)で、ヒロイン・しおり役を演じる女優・木村文乃(23)。ドラマ・映画だけでなく、「ちふれ化粧品」や桑田佳祐が出演する「NTTドコモ」のスマートフォン等、今年前半だけで4本のCMに出演するなど、顔と名前の認知度が急上昇中の木村が、現在の心境を語った。

【写真】その他の写真を見る


 「今年になって急にCMのお仕事が増えて…。今までやってきたことの結果がちょっとずつ出てきたのかな。CMを見た人から『いいね』と言ってもらったり、親がすごく喜んでくれたり、少しずつ前に進んでいる実感が得られて、すごく嬉しくて、もっとがんばろうって思っているところです」と相手の目を見てハキハキ話す。

 2004年に映画『アダン』(五十嵐匠監督)のヒロインオーディションで応募者3074人の中から選ばれ、女優デビュー。2006年の映画『風のダドゥ』(中田新一監督)では主演も務めた。女優歴は7年になる。

 「そうなんですよね、いつの間にやら(笑)。仕事を始めたころの志は変わっていないけれど、それを貫くための自分の考え方、仕事に対する向き合い方はびっくりするくらい変わりました」

 転機は約1年半前。俳優の小栗旬、田中圭らが所属する現事務所に入ったのがきっかけだった。

 「好きなことができていれば、やりたくないことは無理してやらなくてもいいと思っていた。売れっ子になりたいとか、有名になりたいとか、良い役を演じたいとか、そういう意欲にかけていた自分の考えの甘さに気づかされました。このままでは、本当にやりたいと思ったことができなくなるって。自分の殻に閉じこもっていないで、いろんな人ときちんとコミュニケーションをとるようにして、この職業にも真剣に向き合っていこうと意識し始めたら、相手もきちんと向き合ってくれる。ダメでもいいから自分をさらけ出していこうと開き直れるようにもなって、そうしたらいろいろ変わってきたんです」。

 仕事を始めたころから変わらない志とは何か-――。

 「共感してもらえる女優になりたい。この人が出演しているなら観てみようかなと思ってもらえるきっかけになれたら。そうなるには、まずある程度、私の存在が知られていないといけないわけで(笑)。そして、いつか本当に世の中に伝えたいと思ったことを、映画を通して伝えられたら。観てくれた人に影響を与えるような映画をやりたいし、学校の授業で取り上げてもらえるようなメッセージ性のある作品も作っていきたいな」。

 最新出演作の『極道めし』は、刑務所が舞台なので学校の授業の教材にするのは難しいかもしれないが(笑)、彼女の魅力を劇場の大きなスクリーンで確かめることはできる。

 誰でも1つや2つ持っている料理にまつわる思い出話をテーマにした、土山しげるの異色グルメ漫画を実写映画化。とある刑務所の204房を舞台に、年に一度の贅沢メニュー“おせち料理”をかけて、受刑者たちが“めし自慢”バトルを繰り広げる。語れば語るほどに愛したあの人を思い出す料理の数々に涙とヨダレが止まらない。

 木村が演じるしおりは、主人公・栗原健太(永岡佑)の回想シーンに登場する元恋人。世の男性すべてが想いを寄せてしまうような献身的で芯の強い女性だ。

 「しおりは、いまどきの女性が持っていそうで持っていないものを持っている、女性が見ても憧れの女性のイメージ。とくに女性の観客に、自分と似ているところを見つけて共感してもらいたいと想いながら演じました。私自身も自分がやりたいことに対して真っ直ぐなところがしおりと似ていると思いました」。

 最後に、木村にとっての思い出の味を聞くと、少し考えた末に「母が作ってくれたお弁当の中の玉子焼き」と答えた。「毎朝、私と弟の弁当を作ってくれた。時間がなくて、スクランブルエッグを無理やり四角く固めちゃいました!みたいな、形もあまりキレイじゃなく、味付けもちょっと甘い玉子焼きが好きでした。親の愛情を感じていました」

 わずかな取材時間だったが、「清く、正しく、美しく」、そんな言葉が似合う、しっかりした人となりを感じることができて、たまらなく愛しく思えた。「しっかりやっていけるのも、皆さんがちゃんと向き合ってくれているからだと思うので、すごく支えられています。人との出会いと運で、ここまできているんじゃないかとも思うし、だからこそ実力をつけて、しっかりやっていかなきゃいけない時期にきていると思っています」。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー




関連写真

  • ドラマ・映画・CMの出演が急増した女優・木村文乃 (C)ORICON DD in 
  • スクリーンに木村文乃の笑顔あふれる映画『極道めし』の出演シーン (C)2011『極道めし』製作委員会(C)土山しげる/双葉 
  • 9月17日公開の映画『極道めし』木村文乃の出演シーン (C)2011『極道めし』製作委員会(C)土山しげる/双葉 
  • 9月17日公開の映画『極道めし』木村文乃の出演シーン (C)2011『極道めし』製作委員会(C)土山しげる/双葉 
  • 9月17日公開の映画『極道めし』木村文乃の出演シーン (C)2011『極道めし』製作委員会(C)土山しげる/双葉 
  • 9月17日公開の映画『極道めし』木村文乃の出演シーン (C)2011『極道めし』製作委員会(C)土山しげる/双葉 
  • 主演の永岡佑ほか、勝村政信、麿赤兒、落合モトキ、ぎたろー(コンドルズ)がとある刑務所204房の受刑者を演じる (C)2011『極道めし』製作委員会(C)土山しげる/双葉 

オリコントピックス