ドラマ&映画 カテゴリ

沢村一樹、主演『浅見光彦』シリーズ30回記念に感激「さらに努力してよい作品を」

 俳優・沢村一樹が主演を務める人気サスペンスドラマ『浅見光彦シリーズ』(TBS系)が9月19日の『30回記念作品 化生の海(けしょうのうみ)』で放送30回目を迎える。ルポライターの浅見が取材先で事件に遭遇し、その謎を解き明かす同シリーズは、今や沢村にとってもライフワークの1つ。記念作を撮り終えた沢村は「30作目を迎えられること自体凄いこと」と万感胸に迫る様子。続けて「さらに努力してよい作品となるよう頑張りました」と、作品への愛情を語った。

 原作はベストセラー作家・内田康夫氏の『浅見光彦シリーズ』(新潮文庫刊)で、1994年に俳優・辰巳琢郎が主演を務め、2000年に沢村へとバトンが渡された。今作では、主人公・浅見が江戸時代から明治にかけて隆盛を極めた「北前船」を題材にした取材先で、若手女優・石橋杏奈演じるヒロインの三井所(みいしょ)園子と出会い、殺人事件の謎解きへと展開。北海道から石川、福岡と「北前船」の寄港地を結ぶ歴史ロマンを盛り込みながら、物語は進んでいく。

 「実はクランクインしてから30作目というのを知りました(笑)」と、撮影が始まるにあたり、特別な気負いは無かったことを明かす沢村。“浅見”として11年という長い時間を共に過ごしてきたスタッフと作りあげた今回の作品について、「前作よりも、またその前の作品よりも『面白かった』と、ご覧になった方に思っていただけるように」と、熱い胸の内を語った。

 また、プロデューサーの矢口久雄氏も「沢村さんがこの作品にかける意気込みは当時も今も少しも変わることなく、絶えずスタッフと一緒に、どうしたら視聴者に伝わりやすいのか? 面白いと思っていただけるか? の戦いを積み重ねた11年です」と、これまでを振り返りつつ、今後の作品作りへ力を込める。
  
 月曜ゴールデン『浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海』は午後9時から放送。出演者には佐久間良子風間杜夫とお馴染みのメンバーに加え、新聞記者役に若手俳優・渡部豪太、また小林部長刑事役には古田新太、さらに木村祐一竜雷太など個性派キャストが集結し、記念作品を盛り上げる。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索