アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『謎解きはディナーのあとで』が連ドラ化 毒舌執事に嵐・櫻井翔&令嬢刑事に北川景子

『謎解きはディナーのあとで』が連ドラ化 毒舌執事に嵐・櫻井翔&令嬢刑事に北川景子

 『2011年本屋大賞』を受賞し、これまでに約140万部を売上げた作家・東川篤哉氏のベストセラー小説『謎解きはディナーのあとで』(小学館)が、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマとして初めて映像化されることが18日、わかった。主演の毒舌執事には人気グループ・櫻井翔、執事が仕える令嬢刑事を女優・北川景子が演じる。フジテレビ連ドラ初主演となる櫻井は「ドラマ版では、より一層ユーモアあふれる作品になりそうな気がしています」と期待を寄せ、大富豪のお嬢様に扮する北川も「実はお嬢様で表の顔は刑事という、これまで演じた事のない役柄ですので、ファンの皆さんには新しい一面をお見せできるのではないかと思います」と意気込んでいる。

 物語の主人公・影山(櫻井)は、世界的にも有名な企業・宝生グループ社長の一人娘・麗子(北川)の執事謙運転手。“お嬢様”という正体を隠して国立署の新米刑事として働く麗子は、難解な事件に直面するたび、自宅の大豪邸で優雅なディナーを共にする影山に事件の一部始終を語り聞かせる。麗子の的外れな推理に、影山は決まって「失礼ながらお嬢様……お嬢様の目は節穴でございますか?」など、暴言すれすれの毒舌名セリフで一刀両断。自らその場でスラスラと謎を解き、事件の真相に迫っていく。

 原作は現在文芸誌『きらら』(小学館)で連載中の超人気作。個性的なキャラクターによるポップでユーモアあふれる会話劇に加え、犯人と直接対峙することなく安楽椅子探偵さながら執事・影山が事件を解決してしまうなど、一風変わった謎解きの面白さが物語最大の魅力だ。北川も「原作のライブ感のあるストーリー展開や、影山と麗子のコミカルな掛け合いをうまくドラマの方でも表現していければと思います」とアピールする。

 今回のドラマ版では、原作の魅力を生かしつつ影山を原作以上の“完璧な執事”に見せる試みなど、原作には無いオリジナルの仕掛けを盛り込んだミステリーに仕上げる。刑事として事件に立ち向かう麗子に危険が及ばぬよう、影山は扮装したり物陰に身を潜めたりと、どんな現場でも必ずどこかで麗子の行動に目を光らせるといったコミカルなシーンが見どころのひとつとなっている。

 『シャーロック・ホームズ』や『古畑任三郎』といった、これまでのミステリー作品では考えられないシチュエーションで謎解きする影山の姿は、新たなヒーローの誕生を予感させる。櫻井はすでに友人の勧めで同作を読んでおり「その話の痛快さから、次々とページをめくり、ものすごい勢いで読み進めていました」と、一人の純粋なファンとして物語をひも解く。同局の連続ドラマ初主演に緊張感を漂わせながらも「“火曜日21時”が待ち遠しくなる作品になるべく頑張りたいと思います!」と意気込んだ。

 同ドラマの企画を担当する成河広明氏は、「櫻井さんは新時代の名探偵・執事の影山として、これほど完璧なキャストはいないと思っています。北川さんはピュアで愛らしく、表情豊かな演技がとても素敵」と、今回のキャスティングに自信をのぞかせる。二人を“ドラマ界の新たなゴールデンコンビ”と位置付け、「お二人には毒舌執事とお嬢様刑事という異色のコンビで、ドラマの中で大暴\れして欲しいと思っています」と並々ならぬ期待を寄せている。

 ドラマ『謎解きはディナーのあとで』は、フジテレビ系にて10月より毎週火曜日午後9時で放送開始。



オリコントピックス