ドラマ&映画 カテゴリ

吉高由里子が「紹介したい」お相手は、韓国俳優ソル・ギョング

 女優の吉高由里子が10日、オムニバス映画『カメリア』(行定勲監督ほか、10月22日公開)の会見に出席した。昨年1月頃に韓国・釜山で撮影された同作について吉高は「すべてが初体験で、貴重な経験をしました」といい、特に韓国の名優ソル・ギョングとの共演が印象深く「一緒にいて安心する。温かいお湯につかったような気分にさせてくれる男性でした」と振り返った。「みなさんにも紹介したいほど、いい方だったので、別の機会でまたご一緒できたら…。カムサムニダ」とラブコールを贈った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『釜山国際映画祭』を開催している釜山広域市を舞台にしたオムニバス映画。同映画祭に縁のあるタイのウィシット・サーサナティアン監督、日本の行定監督、韓国のチャン・ジュナン監督がメガホンをとり、「愛」テーマにした3つの物語が描かれる。タイでは9月、韓国では11月に公開される。

 行定監督の『Kamome』は、吉高が「カモメ」と名乗る「日本から釜山を訪れた謎の女の子」の役で出演し、偶然彼女を見かけた韓国俳優ソル・ギョング扮する大御所の撮影監督が、一緒に釜山の町を歩き回る一夜の物語。行定監督は、図らずも「カメリアの花言葉、『控えめな愛』『悲哀』『史上の愛らしさ』に一番ぴったり合う映画になった」と語る。

 ギョングについては行定監督も「韓国ではそんなふうに言わないとか意見する俳優たちを、ギョングさんが『日本人の情緒を韓国人が観ても違和感ないように演じるのが、僕らプロの俳優の仕事だ』と一喝して、すごい人だと思った」と絶賛。さらに「彼女(吉高)の衝動的な芝居を大切にしたいと僕にささやいた。名優が若い女優を受け止める、そんな映画になっている」と満足げに語った。

 “衝動的な芝居”と形容され、吉高は「ギョングさんは、役衣装で現場に来て、そのままの格好で帰っていく。なんで着替えないのかと聞いたら、撮影中は、役の人物でしかいられないと答えた。カッコイイな、私も日本でやってみようかなと思いました」と照れくさそうにした。

 同作の撮影は、吉高、行定監督を含め日本人はわずか5人。ほかは全て韓国のキャスト、スタッフで「言葉が通じない分、体でコミュニケーションをとっていた」と吉高。「私が寒そうにしていると、日本の現場ならストーブを持って来きてくれるところを、韓国のスタッフは体で温めてくれたこと。あたたかかった」と語り、抱きしめて体をさするようなジェスチャーを見せながら微笑んだ。

 サーサナティアン監督の『IRON PUSSY』はタイ出身の女優ミシェル・シャオワナサイ、韓国のキム・ミンジュンが出演。ジュナン監督の『LOVE FOR SALE』は韓国のカン・ドンウォン、ソン・ヘギョが出演する。

関連写真

  • 映画『カメリア 時にあらがう三つの物語』の会見に出席した吉高由里子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『カメリア 時にあらがう三つの物語』の会見の様子 “カメリア”ならぬ“カモメポーズ”で会場を沸かせた吉高由里子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『カメリア 時にあらがう三つの物語』の会見に出席した(左から)行定勲監督、吉高由里子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『カメリア 時にあらがう三つの物語』の会見に出席した行定勲監督 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索