アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 亀梨和也主演でアニメ『妖怪人間ベム』が初の実写化〜ベラに杏、ベロに“マルモリ”鈴木福

亀梨和也主演でアニメ『妖怪人間ベム』が初の実写化〜ベラに杏、ベロに“マルモリ”鈴木福

 1968年に放送されたアニメ『妖怪人間ベム』が、日本テレビ系の“土9”枠の10月期新ドラマとして亀梨和也主演で実写化されることが9日、わかった。同作品が実写化されるのは、初回放送から43年を経た今回が初。女性の姿をした妖怪ベラに、そして少年のような妖怪ベロにドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で話題沸騰の子役・鈴木福が決定している。誰もが知っている人気アニメの実写化主演に亀梨は「驚いたのと同時に大変光栄に思いました」と、ご満悦。同枠では嵐・大野智が主演した『怪物くん』がヒットをしており、本作は昭和名作アニメの実写化第2弾となる。

【写真】その他の写真を見る


 昭和43年に放送された原作は、醜い妖怪の姿をした3人が時に人間を守り、時にその容姿から理由もなく迫害され、それでも“はやく人間になりたい!”と叫び続け、人間界のために悪と戦い続ける姿を描いた昭和史に残る名作。子ども向け作品でありながら“人間の本質”を問うシリアスな作品であり、月曜の夜7時半という放送時間にもかかわらず、ホラー的な映像も大きな話題を集めた。今回の実写化では妖怪人間の目線から、人の善悪、気高さと愚かさなど混濁した心の様を捉えながらも、妖怪人間たちを通じて「人間ってやっぱりすごい」と感じさせる物語が展開されるという。

 主演を務める亀梨は、作品の大きさを感じながらも「自分にとっても特殊メイクや、妖怪を演じさせてもらうのは初めてですし、さらにとてもメッセージ性の強い作品なので、しっかり役に染まりたいと思っています」と気合十分。ヒロインとなる杏は「まさかベラを演じることになるとは!」とキャスティングにかなり驚いた様子。だが「振り返ればいるかもしれない!? そんなリアリティのあるベラを演じられたら」と、クランクインを楽しみにしている。

 そして、純真無垢ゆえに心に傷を負い、それでも人間への憧れを強く抱き続けたベロ役を演じる鈴木は、以前から妖怪に興味があったと小学生らしいコメント。「僕らしいお芝居を一生懸命頑張ります。皆さん観て下さい!」と意気込む。このほか、ドラマ版オリジナルキャストとして、ベムと交友を深める人間の刑事役に北村一輝が決定している。

 プロデューサーの河野英裕氏は「“日常”の素晴らしさや、“日常”を獲得する大切さを妖怪人間というフィルターを通じて丁寧に描いていきます」と、混迷を極める今の時代だからこそ、実写版として新たな命を吹き込む意義があると説く。脚本には『怪物くん』のドラマと映画版を手掛けた西田征史氏。家族が揃ってテレビを囲む土曜ドラマならではの、笑いと涙が盛り込まれた“平成版・妖怪人間”となりそうだ。気になる“妖怪人間”のビジュアルだが、まだ全貌は明かされていないが、変身前から亀梨らには特殊メイクが施され、さらに変身時には最新のCG技術を駆使した迫力のシーンが描かれるという。

関連写真

  • 原作となるアニメ『妖怪人間ベム』(左から)べム(亀梨和也)、ベロ(鈴木福)、ベラ(杏)
  • 原作となるアニメ『妖怪人間ベム』(左から)べム(亀梨和也)、ベロ(鈴木福)、ベラ(杏)
  • 原作となるアニメ『妖怪人間ベム』(左から)べム(亀梨和也)、ベロ(鈴木福)、ベラ(杏)
  • 亀梨和也が演じる妖怪人間ベム・ 
  • 亀梨和也が演じる妖怪人間ベム
  • 杏が演じる妖怪人間ベラ
  • 杏が演じる妖怪人間ベラ
  • 鈴木福が演じる妖怪人間ベロ鈴木福 
  • 鈴木福が演じる妖怪人間ベロ鈴木福

オリコントピックス