アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 芦田愛菜が土曜お昼の顔に! 「メレンゲの気持ち」新MC決定

芦田愛菜が土曜お昼の顔に! 「メレンゲの気持ち」新MC決定

 今春、ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で“マルモブーム”を巻き起こした人気子役・芦田愛菜(7)が、10月1日からお昼の情報番組『メレンゲの気持ち』(毎週土曜 正午 日本テレビ系 ※一部地域を除く)で、新MCを務める事がわかった。現MCの久本雅美(53)は続投し、芦田と女性芸人・いとうあさこ(41)が新たなレギュラーに。大先輩に囲まれた芦田は「コントを一緒にやってみたいです」と新たなチャレンジに意欲を燃やす。ドラマ、映画、CMと引っ張りだこの天才子役が、遂にお昼のバラエティをも席巻することとなりそうだ。
 
 1996年4月にスタートした同番組は、この春で放送開始15周年を迎えた長寿番組。久本は初回からメインMCとして出演し、菅野美穂高畑淳子といった女優陣から若槻千夏松本明子などバラエティに富んだ面々が進行役を受け継いできた。芦田は昨年12月に同番組にゲストとして登場し、久本らキャスト陣をその愛くるしい笑顔と仕草でメロメロにしていたが、今度はゲストを迎える側での登場となる。

 レギュラーMCの抜てきに「皆さんと楽しくお話できたら嬉しいです」と初々しく語る芦田。ゲストを迎えてのトークについては「愛菜と同じ年齢の時にどんなことをしていたか、将来(大きくなったら)どんな風になりたかったか聞いてみたい」と胸を躍らせている。

 同番組の北條伸樹プロデューサーは「芦田さんは、初MCとして、大人では考え付かない目線でゲストに気になることを聞いてほしい。予想外のことがおこって面白くなるのではと思います」と期待を寄せる。また、いとうについても「一方で、安定感があり、今旬な人であるいとうさんをキャスティングしました」と、起用理由を明かした。

 芦田といえば、松雪泰子主演のヒューマンドラマ『Mother』(同局系)で見せた“泣き”の演技が注目を集め、その後は『マルモのおきて』で“史上最年少・連ドラ初主演”の記録を樹立。挿入歌だった「マル・マル・モリ・モリ!」もロングヒット、今月20日には出演映画『うさぎドロップ』が公開と、めまぐるしい活躍が続く。さらに今秋からは同番組でバラエティ畑にも進出と、2011年下半期もまだまだ“芦田旋風”は続きそうだ。

関連写真

  • 土曜のお昼『メレンゲの気持ち』の新MCに抜てきされた芦田愛菜
  • 土曜のお昼『メレンゲの気持ち』の新MCに抜てきされた芦田愛菜
  • 土曜のお昼『メレンゲの気持ち』の新MCに抜てきされた芦田愛菜

オリコントピックス