• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 81歳のピアニスト、ベント・ファブリックが史上最年長のTOP20入り!

81歳のピアニスト、ベント・ファブリックが史上最年長のTOP20入り!

 「ORICON STYLE」が発表したオリコンアルバムチャートで、ベント・ファブリックの『ジュークボックス』が20位にランクインした。このベント・ファブリック、御歳81歳のデンマーク人ピアニストなのだが、この『ジューク・ボックス』が国内デビューとなる。81歳でのアルバムチャートTOP20入りは、洋邦ふくめて史上最年長である。

 今回がいわゆる「日本デビュー」とはいえ、本国デンマークでは大ベテランのジャズ・ピアニスト。1962年にはビルボード・シングル・チャート7位を記録した大ヒット曲「ALLEY CAT」を発表し、第5回グラミー賞を受賞したりもしている。その後、本国デンマークで、TVやオペラ、バレエなどの音楽を担当し、音楽業界の裏方として活躍する一方、デンマーク国内でライブ活動も続けていた。

 さて、今回のアルバム『ジュース・ボックス』は、タイトル曲である「ジュース・ボックス」が昨年9月に、アメリカでi-Tunes 搭載携帯電話のCMで使用されたことで、話題になった。i-TunesのCMといえば、躍動感のあるアニメーションとよく合った、キャッチーでダンサブルな曲が常に使用されるものだが、そのi-Tunesを搭載した世界初の携帯電話のCMに起用されたこの曲も、「ジャズ・ピアノとダンス・ビートの融合」と言われる、粋でポップなダンス・チューン。アメリカでは、この曲がCMオンエアされるや、一気に話題になり、同曲はアメリカ・ビルボードの「ホット・ダンス・クラブ・プレイ・チャート」にて26位にランクイン。43年ぶりにビルボード・チャートへ登場した。

 ここ日本でも、昨年12月に輸入盤が発売されると、主に大型店で展開され、話題に火がついた。なんでも、そのキャッチーでダンサブルな曲に試聴機で一目惚れならぬ、一耳惚れをしたリスナーが続出したとか。その後、CS放送でPVのオンエアもスタート。曲調にマッチしたアニメ仕立てのPVで話題はさらに広がり、オリコンのトラックス・チャートでは2/20付で総合30位、洋楽作品では4位にランクイン。現在までに、輸入盤は推定で1.2万枚のセールスを上げている。

 今回晴れて日本盤発売となったベント・ファブリック。ちょうど、先月は弁護士・丸山和也が60歳でシングルチャート、初ランクインをしたばかりだが、今度は81歳のピアニストがアルバムチャートに登場。今年は“最年長記録”がラッシュになりそう!?

オリコントピックス

 を検索