ORICON STYLE

2009年03月18日

 人気バレエ漫画を実写化した映画『昴−スバル−』が3/20公開される。黒木メイサ演じる天才バレリーナ・宮本すばるのダンスシーンが圧巻だか、彼女を一途に応援するフリーターのコーヘイを演じたのが平岡祐太くん。“いいヤツ”ぶりが彼自身とも重なっている。

CLOSE UP平岡祐太
キスシーンは・・・
試写を観て切なくなりましたね(笑)

平岡祐太の写真 コーヘイのすばるへの気持ちは、最初は気になる存在。目の前ですごいダンスを見せつけられて一生懸命な姿を応援したくなって、そこから恋愛に・・・と思いきや“友達でいい”という(笑)。
  キスシーンは、すばるがもともと素っ気ない感じだから、積極的に行こうと思いました。相手がどう出ようと関係ない!って。でも、すばるのリアクションには・・・実際に作品として完成したものを観て切なくなりましたね(笑)。コーヘイとしては、それでも別にいいんだろうと思います。そこで傷ついたりすると、2人の関係に別のニュアンスが入っちゃうから。
  僕自身から見ても、すばるという女性はすごいと思いますが、パートナーとしては、逆に自分を応援してくれる人のほうがいいかな。自分が誰かを応援して追い掛けて・・・という経験はありません。ただ、近い感じなのは、今年の高校サッカーで地元代表の広島皆実が決勝に進んで。僕も高校時代はサッカー部で、当時対戦したこともある学校だったから思い入れもあり、国立競技場まで応援に行きました。そうしたら優勝してくれて、とてもうれしかったです。

キスシーンは・・・
MOVIE 最新出演映画『昴−スバル−』MOVIE 最新出演映画『昴−スバル−』

【Story】
 母を亡くし、父親と3人で暮らす双子の姉弟、宮本すばると宮本和馬。小学生の2人は、学校の帰り道、バレエ教室を覗いてはバレリーナに憧れていた。しかしある日、和馬は脳腫瘍で倒れてしまい、消えかける記憶に不安を感じる。すばるは和馬を勇気付けるが、そのかいもなく、最期の時を迎えてしまう・・・。弟の死をきっかけに父親から見放され、絶望の淵を彷徨うすばるは、ふと場末の小劇場“バレ・ガルニエ”に足を踏み入れる。そこは、病院で知り合った五十鈴(桃井かおり)がオーナーだった。の運命的な出会いによって、すばるは和馬の残した“ダンス”の世界へと、のめり込んでいく・・・。美しく育ったすばる(黒木メイサ)は、“パレ・ガルニエ”の酔った客達の前で、大胆なボレロを踊り、客を見事に黙らせる。いっそうダンスにのめり込んで行くすばるは、上海でのバレエコンクールに出る決意をする――。

【Cast&Staff】
監督・脚本:李志毅(リー・チーガイ)
原作:曽田正人『昴―スバル―』(小学館 ビッグコミックスピリッツ)
エグゼクティブプロデューサー:ビル・コン 松浦勝人 千葉龍平 リー・スーマン
プロデューサー:三木裕明
ダンス監修・振付:上島雪夫
美術監督:種田陽平
衣装デザイン:黒澤和子
配給:ワーナー・ブラザース映画
出演:黒木メイサ Ara 平岡祐太 佐野光来 筧利夫 桃井かおり
主題歌:倖田來未 「faraway」 3月20日(金)全国ロードショー

OFFICIAL SITE
映画場面写真
PROFILE

【生年月日】1984年9月1日
【出身地】山口県
【血液型】O型
【身長】178cm

2002年、『第15回JUNONスーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを獲得。
2005年、『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。
映画では、『NANA』『チェケラッチョ!!』『僕は妹に恋をする』『うに煎餅』などに出演。ドラマでは、『プロポーズ大作戦』(CX系)、『ファースト・キス』(CX系)、『だいすき!!』(TBS)、『モンスターペアレント』(CX系)などに出演。
2009年、1月より放送の『キイナ −不可能犯罪捜査官−』(NTV系)、3月20日公開の中・日・シンガポール・韓国合作映画『昴−スバル−』、4月より放送の初主演ドラマ『ゴッドハンド輝』(TBS系)、6月13日公開の映画『真夏のオリオン』に出演。

▲このページの最初に戻る

TOP ACTOR&ACTRESS 映画、ドラマ、CMで活躍中の俳優&女優をPICK UP! 一覧ページでまるごとチェック