2007年 アーティストトータルセールスランキング大発表!
年間オリコンランキングトップページ 年間シングルランキング 年間アルバムランキング アーティストトータルセールスランキング 年間総合DVDランキング
順位 タイトル/アーティスト 総売上金額(単位10万円) 着うた(R)関連記事
1
73,544
着うた(R)
インタビュー
2
70,576
着うた(R)
特集
3
69,182
特集
4
54,111
着うた(R)
5
52,470
着うた(R)
6
52,159
着うた(R)
インタビュー
7
43,669
着うた(R)
インタビュー
8
43,143
着うた(R)
9
38,280
着うた(R)
10
34,376
インタビュー
【集計期間】2006年12月25日付〜2007年12月17日付
着うた®に※のついている楽曲のダウンロードは、12月21日15時〜2008年1月4日15時までとなります。
笑顔と歌声がお茶の間に浸透

 2006年に続いて倖田來未がアーティストトータルセールスを連覇した。コンスタントにリリースされた5枚のシングル、年間2位のセールスを記録したアルバム『Black Cherry』、期間限定生産ながら高セールスを残した『BEST〜BOUNCE & LOVERS〜』、3枚目のライブDVDとなった『KODA KUMI LIVE TOUR』など、対象となる作品がことごとく好成果を収め、“女王”の座を守り通すこととなったわけだが、その背景には途切れることなくテレビから流れてきた彼女の歌声があったからにほかならない。本人出演のCMを通して、その笑顔と歌声はお茶の間に確実に浸透していった。倖田來未というアーティストの認知を高めた1年、その充実度が年間1位という形で結実した。


倖田來未の写真 浜崎あゆみの写真

■倖田來未

■浜崎あゆみ

 2位には浜崎あゆみがランクイン。WHITEとBLACKに“色分け”された2枚のベストアルバムを核にセールスを伸ばしていった今年は、ある意味で次のステップへの足場を固める1年だったのかもしれない。自身を見つめ直し、自身と呼応するようにアクセルを踏み始めた彼女、そんな変革を遂げながらも毎年確実に上位に顔を出す圧倒的なクオリティの高さ。ファンにたくさんの満足を与えてくれた2007年の結果と言える。


Mr. Childrenの写真 大塚 愛の写真
■Mr. Children ■大塚 愛
充実したアイテムが総合結果に

 あわや、と思える動きを見せたのが3位のMr. Children。アルバムランキングを制した『HOME』をひっさげて臨んだライブツアーの模様を収めたDVDが11月にリリースされたが、このタイミングがもう少し早ければ、全体のランキングにも大きな動きが生じたのかもしれない。とはいえ、ツアーを行う傍らで、これだけの充実したアイテムを発信し続けるミスチルのパフォーマンスには驚愕の一言。さまざまなコラボレーション企画にも積極的なアーティストだけに、そこで吸収したものが来年、さらに大きな花を咲かせることになるかもしれない。


 ジャニーズ・アーティストの活躍が目立った1年を象徴するかのように、KinKi Kids、嵐、KAT-TUNの3組がベスト10に入ってきた。なかでもKinKi KidsはミュージックDVDをリリースしなかったにもかかわらず堂々の上位躍進となった。エンターティナーとして成長を遂げている彼らの底力を見せつけられた思いがする。


 今年は、精力的なリリースを重ねたL'Arc〜en〜Cielが10にランクイン。変わらぬポテンシャルを満天下に知らしめた。


(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る


【過去の特集】
■上半期ランキング 特集
 『2007年 上半期ランキング大発表!』(2007/06/20)
■2006年 年間ランキング 特集
 『2006年 年間ランキング大発表!』(2006/12/21)
■2005年 年間ランキング 特集
 『発表!!2005年 年間ランキング第2弾』(2005/12/28)
■2005年 洋楽年間ランキング 特集
 『21世紀洋楽元年到来!?』(2005/12/21)
■2005年 年間ランキング 特集
 『2005年 年間ランキング大発表!』(2005/12/19)