• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 錦織圭に小松菜奈、松嶋菜々子も出演 「Uber Eats」バズりCMから見る全国展開への軌跡

錦織圭に小松菜奈、松嶋菜々子も出演 「Uber Eats」バズりCMから見る全国展開への軌跡

 松嶋菜々子とMattが共演したUber EatsのCMが、公式YouTubeチャンネルで合計1600万以上の再生回数(11月22日時点)を記録し多くの反響が集まっている。9月に日本上陸5周年を迎え、これを機に全国47都道府県カバーを達成した。成長を加速させた要因はやはりコロナ禍で、フードデリバリーサービスが生活の一部になった人もいるはずだ。一方で人口が少ない地域でのサービス提供に懐疑的な声や、「新しい働き方」に伴う問題も起きている。コロナ禍を挟んだこの5年で日本人のフリードデリバリー観はどのように変わったのか。アフターコロナの業界の展望は?Uber Eats マーケティングディレクターの中川氏に話を聞いた。

全国展開への足掛かりになった“異色コンビCM” 世界共通のフォーマットで急速拡大

 フードデリバリーサービスのUber Eatsが9月に徳島県、島根県、鳥取県、福井県でサービス提供をスタートし、全国47都道府県をカバーした。2016年に東京でサービスを開始し、2020年4月時点での提供エリアは全国14都道府県。そこから1年半での急拡大について、中川氏は次のように語る。

「政府がコロナ禍に提示した『新しい生活様式』にデリバリーの活用が明記されました。社会的要請が高まる中で、迅速に、より多くの方にご利用いただける環境を整備するのがプラットフォームの使命です。Uber Eatsもそうしたミッションを実現するべく、2021年内にサービス地域を全国に広げる目標を掲げて注力して参りました」

 登録店舗数も全国13万店舗以上に拡大。現在はフードのみならず、日用品やOTC医薬品、電化製品など、あらゆるカテゴリーが注文できる。やはり利用が多いのはフードデリバリーで、サービス開始当初はビジネスパーソンやおひとりさまが主な利用層だった。

 そして、2019年の年末には、第1弾として錦織圭&野生爆弾・くっきー!のCMが公開。その後、小松菜奈&黒柳徹子、阿部寛&山田孝之、えなりかずき&ゆりやんレトリィバァ、松嶋菜々子&Mattと約2年で5シリーズのCMを制作。全国的に認知度の高い異色コンビによる、テレビCM初共演を実現させ、早い段階から全国展開を見据えたUber Eatsの認知拡大に貢献した。

「誰もが一度は考える『今夜、何を食べようか?』、その瞬間にインスピレーションを与えるべく、異色な二人だが、その意外な組み合わせだからこそ生まれるケミストリーに注目をいたしました。全国・全世代においてインパクトを残せたこともあり、ここ数年はファミリー層の利用が増え、おかず用途で注文されるご家族も多いようです」

 さらに日本だけでなく、海外でも同社のCMは話題になっている。アメリカでは、『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルと『スタートレック』ジャン=リュック・ピカード役のパトリック・スチュワートという2大シリーズの“顔”が夢の共演を果たした。他国のCMも、意外な二人の掛け合いをユニークに描いた作品が多く、どのCMを見ても1発で同社のものだとわかる統一感が感じられる。世界共通のCMフォーマットを持つ企業は珍しく、全世界で起きたコロナ禍により、どの地域でも急速にその需要を伸ばし、同時期にプロモーションに力を入れ始めたUber Eatsならではの特徴ともいえる。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索