• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「借金返さなきゃ」「シングルマザーで3人の子育ても…」コロナ禍で追い詰められるキャバ嬢 「時代を記したい」レディコミ作者語る使命感

「借金返さなきゃ」「シングルマザーで3人の子育ても…」コロナ禍で追い詰められるキャバ嬢 「時代を記したい」レディコミ作者語る使命感

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』をはじめ、現代社会を鋭くえぐる衝撃作を次々と発表する人気レディコミ作家・池田ユキオさんが、コロナ禍におけるキャバ嬢たちの生き様を描く『胡蝶伝説』シリーズ最新作を連載スタートした。2000年代に起こった「age嬢ブーム」の頃より、キャバクラを舞台とした漫画を描き続けてきた池田さんだが、昨今は「夜の街関連」というワードでとかく叩かれがちなこの職業をどのような視線で見つめてきたのか、話を聞いた。

ナンバーワンを目指さなくなったキャバ嬢たち

──キャバ嬢の愛憎バトルを描いた前作『胡蝶伝説〜復活嬢と地雷嬢〜』(ぶんか社配信)は、電子書籍で累計140万DLされている人気作です。新作は何年ぶりですか?

【池田ユキオさん】最終回が、東日本大震災が起きたときだったので、9年ぶりになりますね。当時とはキャバ嬢事情もずいぶん変わったので、改めて取材をしているところです。

──キャバ嬢事情が変わったとは?

【池田さん】まず見た目のファッションがぜんぜん違いますね。当時はまだまだ盛り髪の全盛期で、10センチくらい盛るのは当たり前で、今の子が見たら笑っちゃうかもしれません。今のキャバ嬢は、普通にいるキレイなお姉さんのような雰囲気です。ドレスもかつてと比べて上品な感じですし、かつてのようなド派手な格好をしてる子は見かけません。

──今は盛り髪をしないんですね、なぜファッションに変化が?

【池田さん】1つは、キャバクラ自体が普通のアルバイトとして浸透したこともあると思います。大学生の子も多いですし、別にナンバーワンにならなくてもそこそこ稼げればいい。卒業したら就職するんだし、そんなに気合いを入れてやるのもしんどいし、という思いもあるんじゃないでしょうか。

──ナンバーワンを目指さないなら、女同士のバトルもあまり起こらない?

【池田さん】そこも当時との大きな違いのようですね。先日も現役の子にインタビューしたんですが、「みんな仲良しだし、足の引っ張り合いなんてないですよ」と言ってました。無駄に喧嘩するよりもそのほうが仕事もしやすいし…と。私はわりとドロドロな人間関係も含めて、キャバクラという非日常な世界に面白さを感じていたんですがね。

──『胡蝶伝説』で描かれる世界にも変化がありそうですね。

【池田さん】もともと『胡蝶伝説』は、"キャバクラが舞台のスポ根漫画"として描いたんです。主人公が知恵と工夫と努力で、次々と現れる強敵を倒していくという構造ですね。だから当然バトルは多かったのですが、最新作では現代社会の状況と、それにまつわる個人の問題、そしてキャスト同士の絆に踏み込んで描きたいと考えています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索