• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ビジネス
  • 【高橋ダン】「損切り」は人生にも活かされる…10分間で7億円失ったからこその教訓

【高橋ダン】「損切り」は人生にも活かされる…10分間で7億円失ったからこその教訓

 「損切り」という言葉を聞く度に、人間としての“度量”が試される気持ちになる…そんな思いに共感する人も多いはず。「いかに被害を最小限に抑えるか?」の判断は株式市場だけでなく、“人生”においても迫られる機会が数度はあるはずだ。トレーダーとして米・ウォール街で頭角を現した際、たった10分間で7億円の損失という“手痛い失敗”を経験したプロ投資家・高橋ダンだからこそ語れる、「人生における正しい損切り」とは?

弱冠26歳でファンド設立 自信過剰が招いた“記録更新”への欲求

 皆さん、「損切り」という言葉を聞いたことがありますか? 株などの取引をする上で損失が発生した場合、その損失を最小限にとどめるために株を処分する…という作業のことです。当たり前で簡単に思えるかもしれません。ですがこれほど難しく「痛い」ものはありません。今回のテーマはこの「損切り」について。ひいてはこれが、皆さんの「人生」にどうつながっていくか、お話していこうと思います。

 ではまず、私の経験談からお話しましょう。ウォール街にいた僕は、その時、かなり自信過剰になっていました。弱冠26歳でファンドを起ち上げられる人、この若さでそれが出来る人はそれほどいなかったからです。さらにはファンドを起ち上げてからというものパフォーマンスは上々。ファンドではリスク回避のために取引に「上限」が設けられています。ところが、僕はパフォーマンスの高さの信頼から、この天井が取り除かれていたんです。つまり、いくらでも取引できるようになっていた。この若さで。実力で。僕は自分が「神」でもあるかのように、ますます慢心していきました。天狗になっていたというやつです。

 そして28歳の時。僕は自信過剰という波に乗って、ある取引に手を出してしまいました。この数ヵ月前、最高のパフォーマンスを手に入れており、その「記録」と「記憶」を上回りたかった。つまり「プライド」だけ。手を出したのは、裁定取引(アービトラージ)。例えば、トヨタの株はNYでも日本でも取引されています。ですがアメリカと日本では時差がある。アメリカで取引された価格と、その後で日本で取引される価格。その差額が広がるか狭まるか、これについて「賭け」をする取引ですね。

 結果から言います。僕はこれで10分程度で7億円の損失を出してしまいました。この時の僕の心情は? お話します。

たった10分で7億円を損した“最悪の日”

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索