• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「整形、親にバレてた。」母からの手紙に自戒の念、元アイドル語る”整形沼”からの脱出

「整形、親にバレてた。」母からの手紙に自戒の念、元アイドル語る”整形沼”からの脱出

 「整形、親にバレてた」。Twitterにそう投稿された母親からの手紙には、12万件を超す「いいね」がつき、大きな反響を呼んだ。「愛情が伝わってきた」「涙が出た」など、多くのコメントも。投稿したあさみさんは元小学校教諭。「担任のクラスを持ち、かわいい子どもたちに囲まれて充実した日々」を送っていたが、夢が諦めきれず24歳でアイドルに。現在グループを卒業して新たな夢に向けてフリーで活動中のあさみさんに、整形を始めたきっかけや、母親からの手紙、そしてこれからの夢を聞いた。

子どものころから悩んでいた“顎変形症”、匿名掲示板のひと言がきっかけで大手術を決意

――整形に興味を持ったのはいつ頃だったのでしょうか?
あさみさん 中学生の頃からメイクや美容が大好きだったので、昔から興味はあって。その頃から目のクマがひどいのがコンプレックスだったんです。社会人1年目になると、同僚に毎日「疲れてるね」って言われるようになって悩んでいました。

――メイクでは隠せないぐらいだったんですね。
あさみさん はい。皮膚科に行ったら、「クマじゃなくてたるみ(脂肪)で、手術をすれば治るよ」って言われて。それで、1年目のボーナスが入った時に20万ほどかけて、“目の下のたるみ取り”をやったのが初めての整形です。実はその時、もう行かないだろうと思って貯まったポイントを使って鼻筋と顎に“ヒアルロン酸”も入れたんです。周りからは「疲れてるね」って言われなくなったぐらいでしたが、自分的にはかわいくなった気がして大きな変化でした。そこからは仕事のボーナスが入る度に、周囲にばれにくいプチ整形をするようになり、沼にハマっていきました。

――では、今までで一番大きかった整形は?
あさみさん 顎の手術です。もともと顎変形症という病気で、子どもの頃から顎が左右非対称だったんです。顎が上下にずれているので、見た目にも口元が歪んで見えて。口腔外科や歯科でも、「マウスピースや矯正では治せない。骨を切るしかないよ」と言われていて。さすがに怖いし、費用も何百万円もかかるので、もう一生付き合っていこうと思っていたんです。

――手術に踏み切ったのはなぜ?
あさみさん 匿名掲示板でのひと言がきっかけでした。大学時代にコンカフェ(コンセプトカフェ)で働いていたんです。当時は知らず、先生をやっている時にたまたま発見したのですが、「顎が歪んでてかわいくない」と私の名前が書いてあったんです。今まで出会った人や友人は気を遣ってくれたので、人生で初めて最大のコンプレックスの指摘で…今まで我慢していたものが一気に崩れてしまったんです。そこから顎変形症の専門医を探して、医療ローンを組んで手術することに決めました。
――実際に手術をしてみていかがでしたか?
あさみさん 座薬を入れないと眠れない痛みが毎日続き、人生で一番つらかったです。私の場合は手術後に顎を1ヶ月間固定したのですが、しゃべれないし、食事もできないし…飲むタイプのゼリー飲料を歯の隙間から流し込んで栄養をとっていたので痩せました。顔もパンパンに腫れて、本当にしんどかったです。ちょうど教員をやめてアイドルになる間の期間だったので、誰とも会わずに家にいましたが、地元の岡山を離れて慣れない大阪に出てきてすぐだったのでつらかったですね。

――孤独でしたね…どのくらいで日常生活に戻れたのでしょう?
あさみさん アイドルのレッスンが始まったので、1ヶ月でダンスや歌の練習を始め、2ヶ月後にアイドルデビューしました。まだ顔が腫れている状態だったのですが、手術をしたことを言いづらかったのと、レッスンに参加できなくなるのが怖くて、「親知らずを抜いただけです」と、嘘をつき通していました。言ってしまえば楽だったと思うのですが、あの頃は自分的に何かプライドがあったのかもしれません。

――相当つらかったと思いますが…顎の手術はやってよかったですか?
あさみさん 本当にやってよかったです。これまでかなり消極的な性格だったのが、積極的に前に出られるようになり、行動力が上がりました。写真を撮るのも苦手でしたが、カメラの前で緊張しないようになりましたし、笑顔も増えました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索