• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

シソンヌ、王道吉本の中で異質ポジション KOC優勝後も変わらない“コント職人”としての気概

先輩から「夢ねえな」 仕事が増えても生活スタイルは変わらず

――よくある質問で恐縮ですが、苦労エピソードってあったりするんですか。

【長谷川忍】 苦しい時期……(じろうに向かって)正直意外とないよな。5、6年はずっと仕事がなかったですけど。

【じろう】 でも毎日売れてない芸人同士で集まって話しているのが楽しかったんですよ。精神の充実感だけはあったから、本当は苦しかったんだろうけど、あんまり気がつかなかったのかも。

――生活スタイルもそこまで変わってないんですかね。

【長谷川忍】 休みで家出なくていいなら、ずっとNetflixを流し見しながら寝るのが一番幸せ。先輩には「夢ねえな」って言われるんですけど(笑)。

【じろう】僕はパチンコと麻雀とゲームしかしてないですね。

――公式プロフィール通りですね(笑)。

【じろう】本当それ以外のことはしていないかも。

【長谷川忍】パチンコ屋に行くだけいいですよ。自分は一歩も外に出ない時ありますもん。嫁さんいなかったら、一日中人と喋らず過ごすんだろうなあ。

【じろう】情報に触れないと時代に取り残されるんで、KOCに優勝する前から新聞だけはずっと購読していました。携帯でニュースを読んでも頭に入らないんですよ。読者のリアルな悩みの投稿欄があるじゃないですか。そこからネタのヒントを得ることがあります。

「60歳まではコントをやってこう」と二人で話した

――今後の理想としては、活動の軸となっている「コント」の集客をどんどん増やしていくってことですかね。

【長谷川忍】 それもですし、お笑い芸人だけで集まって、テレビでコント番組ができたらいいなという思いはあります。いまの時代難しいとは思うんですけど。
とりあえず体が動く限りコントをやってこうという感じですね。二人で60歳くらいまでかなとはラジオで話してましたけどね。だからあと二十年もないぐらいか。

【じろう】60歳になったとき、大竹まことさんみたいに好きなことをずっとしてるおじさんになりたいですね。その後は地元の弘前で死にたいので。

【長谷川忍】 僕は地元に興味がないので、帰りたいっていうのはないんですけど。東京で家を買うほど稼げる自信もないので、賃貸でお金をちょっとずつ貯めて、郊外にかっこいい家を建てられたらと。

――終始考えが堅実ですね。

【長谷川忍】「あの人たちのようになりたいな」とあっても、なり方がよくわからないし、漠然と「売れたい」と思っても売れ方がよくわからないですし。「じゃあ、いっか」みたいな(笑)。これで仕事がゼロとかだったらヤバいとは思いますけど、それなりにお仕事もいただいてますし、声もかけてくれるんで。この先2、3年は様子を見つつ、今あることを全力でやって、また違う面白い仕事が舞い込んできてくれたらいいなと。こんなスタンスでもよければ、我々なんかを使ってやってくださいって感じですね。

(取材・文/東田俊介 撮影/飯本貴子)

Information

シソンヌライブ[モノクロ]2019 オフィシャルライブビューイング
照明は地明かりのみ。衣裳の着替えなし、小道具なしで47都道府県を行脚する公演時間60分のライブを生中継。
https://liveviewing.jp/contents/sissonne/

オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/sissonnelive-monochrome/
Twitterアカウント
https://twitter.com/sissonne_mono

公演に関するお問合せは、チケットよしもと(0570-550-100:受付時間は10:00〜19:00)まで

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索