アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • ライフ
  • 「甘酸っぱいに違いない」本物すぎる“イチゴ”に反響・・・瑞々しさ切り取るデジタル“リアル絵”の超絶技巧

「甘酸っぱいに違いない」本物すぎる“イチゴ”に反響・・・瑞々しさ切り取るデジタル“リアル絵”の超絶技巧

 一見すると、「机や紙の上に実物を置いただけ」の画像が、SNSで話題になる光景をたびたび目の当たりにする。よく見てみると写真ではなく、描かれたイラストだ。その“本物過ぎる”イラストに、数万件の“いいね”がつくこともしばしば。その描かれる過程も含めて、注目を集めているようだ。今回はデジタルで描かれたフルーツなどの瑞々しいイラストを描いて注目を集めているヤスさんに話を聞いた。

リアル絵をはじめて、フォロワー増だけでなく現実での人脈も広がった

――ヤスさんのプロフィールを教えてください。
ヤスさん「美大に通う学生で21歳です。果物などを撮影してSNSにアップしていたのですが、見ているうちにだんだん描きたくなってきて、今は果物はじめ、夜の空や星など、自分で描いたイラストをアップしています」

――リアルな絵はいつごろから書いていますか? また、描こうと思ったキッカケは?
ヤスさん「描き始めたのは大学に入ってからです。美大生ということもあり、絵を描くのは元々好きだったので、リアルにも描いてみよう! と思ったのがきっかけです。描いてみたら楽しかったので、続けています」

――リアルな絵を描くようになってから、フォロワーはどれくらい増えましたか?
ヤスさん「夜空などをモチーフとした絵と、果物などのリアルな絵で、2つのアカウントを使い分けており、それぞれフォロワーさんは6万人、1万人くらい増えました。フォロワーさんが増えることは、作品を作る励みになって嬉しかったです」

――周囲からの反響はどうでしょうか?
ヤスさん「大学で話しかけてくれる人が増えたりしましたね! あとは、SNS上で他のクリエイターさんとのつながりができたりして、人脈が広がった感じがします」

リアル絵のコツは“ハイライト” それを活かせるモチーフ選びも

――リアル絵の制作時間はどれくらいかかりますか?
ヤスさん「アクリルや油絵具、コピックとか使って描くと数日かかることもありますが、今はデジタルなので、平均で2.3時間くらいです」

――クリームソーダのメニューはレトロ感が話題になっていましたが、他の作品は瑞々しさを再現しているのに、“メニューとしてのリアル”に注目したのはなぜでしょうか?
ヤスさん「とある喫茶店に入った時、メニューのレトロさがとても素敵だなぁと思ったんです。自分のリアル絵で表現してみたらどうなるかなぁと考えました」

――リアルに見えるようにするためのコツがあったら教えてください。
ヤスさん「一番大事なのはハイライトだと思っています。しっかりと見て、妥協せずに細かな形まで正確に描くことが大事です。それ以外の形はおおまかになってしまっても、ハイライトさえしっかりしていればリアルに近づくと思いますよ!

――モチーフはどうやって決めていますか? また、今後描いてみたい作品はありますか?
ヤスさん「モチーフはいちごや、みかん、ツヤツヤしているものに決めています。一番リアルさが求められる気がするからです。また、先日のクリームソーダが好評なので、またレトロなリアル絵に挑戦したいですね」

ヤスさん Twitterアカウント
食べ物などを模写した作品はコチラ⇒(@6lSj4
夜空をモチーフにした作品はコチラ⇒(@yasuta_kaii32I)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019