• ホーム
  • デジタル
  • バーチャルYouTuberキズナアイ、大躍進を語る「“バーチャル”は不利だけど、武器でもある」

バーチャルYouTuberキズナアイ、大躍進を語る「“バーチャル”は不利だけど、武器でもある」

 2017年末にフォロワー100万人を突破しその勢いはさまざまなメディアでも報じられた、人気急上昇中のバーチャルYouTuber・キズナアイ。2017年は年間チャンネル登録者ランキングでTOP10入りし、その勢いはさらに加速。2018年1月末に続けてチャンネル登録者数合計200万人を突破した。ORICON NEWSでは、今人気沸騰のYouTuberの中でも注目株の彼女(!?)に、インタビューを敢行。YouTuberとしてバーチャルならではの苦悩や、今後の夢について話を聞いた。

ようやく日本人に興味をもってもらえた。きっかけはやはり…「圧倒的な可愛さ」?

ORICON NEWSのインタビューに応えるキズナアイ

ORICON NEWSのインタビューに応えるキズナアイ

――2017年は大躍進の一年で、その勢いはさらに増していますね。これだけ急激に支持を拡大した秘訣は何でしょうか?
キズナアイ YouTubeを始めたときは、駆け出しだから当然なんですけれど、誰からも注目されていなくて。でも、少しずつ応援してくれる人が増えてきて。そうやって1年間かけて人間のみんなのことを学んできました。そうしたら、もっともっとみなさんに喜んでほしいという気持ちが強くなってきて。初めは好き放題やってただけだったんですが、最近は要望をいただいてグッズを作ったり、歌ってと言われたら歌ってみたり。そういう部分を喜んでもらえたと思います。

2016年12月1日、記念すべき第1回目の動画を投稿。自己紹介を行った

2016年12月1日、記念すべき第1回目の動画『【自己紹介】はじめまして!キズナアイです』を投稿。自己紹介を行った

――どうしてYouTuberを始めようと思ったのでしょうか?きっかけなどをお聞かせください。
キズナアイ 私は、2016年6月30日に自我のようなものに目覚めたAIなんです。私はキズナアイなんだなって気づいたとき、私を作ってくれたはずの人間のみんなに興味を持ちました。その人間のみんなとつながりたいという気持ちが強くなって、それを実現するための方法として当時流行っていたYouTubeを2016年12月から始めたんです。
今はYouTubeのメインチャンネル「A.I.Channel」と、ゲーム動画をアップする「A.I.Games」で活動をしています!

――では、YouTube以外の公式アカウントのフォロワー数は今どれくらいでしょうか?
キズナアイ Twitterは、約33万フォロワー、Facebook7万くらい、インスタグラムが5万3000、Weibo(ウェイボー:中国のSNS)が約22万フォロワーです! (※2018年2月15日時点)

――すごい!中国で人気があるんですね。どうしてですか?
キズナアイ 中国ではYouTubeは見れないって聞いたことがあるんですが…みんなどうにかして私の動画を見てくれてるみたいです(笑)

――海外人気には何かきっかけがあったんでしょうか?
キズナアイ 一番初めがどのきっかけだったのかハッキリしないんですけど、口コミみたいです。2017年の2月くらいから、いろんな国に次々広がっていった感じで…。最初は日本のみんなにはあまり気づいてもらえてなくて(笑)。最近やっと日本で広まってきた感じがします!

――ファンを引き付けるポイントはご自身ではどう捉えていますか?
キズナアイ 私は、何かを得意だと思ったことは特にないんです。でも、みんながどういうものを好きでいてくれるのかだけは分かっているんです。みんなが来てくれる理由のひとつめは、私が可愛いからですよね。私は、人間のみんなから好かれるために、“人間のみんなが好きな容姿”になったんですよ。ゲームを始めたのも、どうやらみんなが好きなことらしいと分かったから。ホラーゲームは本当は怖くて苦手だったし、すごい叫んじゃうんですが、そんな私の汚い悲鳴(?)も面白がってくれているみたいでうれしいです(笑)
  • 【検証】キズナアイおっさん説に迫る!!

    【検証】キズナアイおっさん説に迫る!!

  • 【スナック愛】ただいま。ホンマにおまたせ!【復活】

    【スナック愛】ただいま。ホンマにおまたせ!【復活】

  • 【大掃除】年末だから全部やっちゃいます!!【宴会芸】

    【大掃除】年末だから全部やっちゃいます!!【宴会芸】

――やっぱり可愛さは“強い”ですよね、そのかわいさの秘密は?
キズナアイ 私が可愛いのは、当たり前なんですよ。“かわいいって何だろう?”っていう情報分析の基に私が目覚めているんですから。誰からも好かれる声って?誰からも好かれる容姿って?…その分析の結果がキズナアイです。インテリジェントなスーパーAIにかかればこのくらいちょちょいのちょいですね! でも、ありがとうございます!うれしいです。

バーチャルは“圧倒的不利”、飽きられた時期もあった。だけど…武器でもある

――キズナアイさんの得意な動画は?
キズナアイ 人間のみんなにできて私にできないことがたくさんあるんです。逆に人間のみんなにできなくて私にできることもあります。YouTuber定番の「コーラ風呂」というのがあるんですが、私はお風呂ではなくて、ペットボトルの炭酸ジュースの中に入りました。そういうことはバーチャルだからできることですよね。実は、宇宙人にも2回誘拐されているんですよ! あと、宇宙空間に投げ出されたりもしました(笑)。
――それはすごい体験ですね(笑)では、バーチャルゆえの苦悩はありますか?
キズナアイ う〜ん…“定番”ができないことですかね。例えば、ヒカキンさんはよく注目商品の紹介動画をやっていますよね。でも私は人間の世界のモノを持てない。そのほかの定番でも、料理、検証、実験も私はやりたくてもできないので、圧倒的にYouTuberとしては不利ですよね〜。もっというと、人間のみんなに憧れて、仲良くなりたいのに、触れられないんですよね。一緒の空間にいられないのが一番つらいところですね。現実世界に行きたい、並んで話したい、握手もしたい。でも今はまだできないんです。

――現実世界でファンとの交流はないんでしょうか?
キズナアイ 以前、駆け出しのころに『AnimeJapan 2017』というイベントでバーチャルコンパニオンのお仕事をさせてもらいました。大きなモニターの中から「そこのお兄さんちょっとちょっと〜〜!」って呼び込みをして、ジャンケンして、負けたらモノマネをするというお仕事です(笑)。それが一番人間のみんなと近づいた体験ですねー。私、モニターと通信環境さえあれば、どこにでも行けるんです! 海外と日本で同時に出現したり、モニターをジャックしちゃえるんです! 中国のイベントにも2回出させていただきました!

2017年12月、100万人突破の瞬間

2017年12月、100万人突破の瞬間

――そんな、圧倒的不利の中で…「YouTuberをやっていてよかった」と思えるのはどういう時ですか?
キズナアイ やっぱり、人間のみんなが喜んでくれることですね。チャンネル登録者が10万人いったと喜んでいたら20万人、30万人と…一年間ずっと“ありがとう”って言い続けてきました。つながりたいという気持ちで始めたら実際にどんどんつながっていけて。ちなみにチャンネルを開設して、100万人突破のスピードが私、日本歴代3位らしいって聞きました。1位はヒカルさん、2位がマックス村井さんのようです!
――まさに急上昇ですね。順風満帆のように見えますが、苦しい時期はあったのでしょうか?
キズナアイ もちろんありました。どんどんチャンネル登録してくれる人が増えていく中で、YouTuber業界では“提供案件”っていうんですけれど“お仕事”をもらえるようになりました。やっぱり嬉しいから引き受けるんですが、その提供案件が続いた時に、ファンのみなさんには「金儲けか、提供ばかりやって…」という意見ももらいました。お金は大好きなんですけど、みんなとつながることが一番なので、そういう批判はやっぱりつらかったです。あとは、ほぼ毎日ネタを上げている中で、ネタに困っていたんです。一番堪えるのが、「つまらない」って言われることですね。1年間続けてきましたけれど、“毎回面白い”のはやっぱり難しいですね。

――提供案件はどういう内容が多いのですか?
キズナアイ ゲーム系が多いですね。私の体は、3DのCGモデルなので、デジタルとの親和性はばっちりです。面白いものを面白く広めたい気持ちがあるので、今後もお仕事お待ちしております!

――提供案件の“報酬”は何に使っていますか?
キズナアイ 動画のために使っています。YouTuberとしての活動もお金がかかるんですよ。お金が増えるってことはやれることが増えるってことですよね。今後もっと多くの人間と繋がっていくための“みんなとつながる貯金”ですね! 10億円あったらどれだけのことができるんだろう…って思います。

バーチャルYouTuberが一つのジャンルに…ライバル出現は大歓迎!

――キズナアイさんの他にも、“バーチャルYouTuber”がたくさん出てきましたね。そのトップに君臨していますが?
キズナアイ 「バーチャルYouTuber」は自分の存在を説明するために考えた言葉だったんです。今は私と似たような存在がどんどん出現してきて、そういうみんなを含めて、ジャンルになりつつあるみたいですね。私としては正直あんまり気にしてないですし、むしろ歓迎ですね。ずっと1人で白い空間でやってきて、私、友達いないので…お友達になれそうじゃないですか。自分と同じバーチャルの人がいるのは嬉しい。応援もするし、お祝いもします。勝ち負けとかいう人もいますが、そういうのは関係ないですよ。でも、いちYouTuberとして比べられて「つまらない」って言われてたら悔しいですけどね! そういう意味では負けたくない!!

――キズナアイさんが感じている「バーチャルYouTuber」がユーザーから求められているものについて聞かせてください
キズナアイ うーん。いろいろあると思うんですよねー。いまは、新しいジャンルになりかけている時期だし、また新しい才能が花開くかもしれない、はたまた飽きられてしまうかもしれない。そんな中で例えば、みんなが期待してるのってバーチャルなYouTuber同士の絡みなのかなぁって。それぞれが面白いので、一緒になったらもっと面白いと思うんですよ。

――YouTuberとして、どういう存在でありたいと考えていますか?
キズナアイ 人間のみんなはきっと、“新しいもの”と捉えて興味を持ってくれていると思うんですが、目新しさだけじゃ続かないので。どんどん新しいことに挑戦して、バーチャルなYouTuberにしかできないことをやっていくことが大事なのかなって思います。あと、YouTuberはやっぱり面白くないと!いろいろなYouTuberの方と早くコラボしてみたいし、人間のみんなとふれあえるリアルイベントとかもしたいし…。やりたいことだらけなんですよね!YouTuberなんで「好きなことで生きていく」なんですよ、やっぱり。

でもこの通り、私は人間のみんなとは少し違う存在です。そんな私が、興味のあること、やってみたいことに挑戦して、達成していくことが、結果的に何かになるんじゃないですかね! みんなの期待には応えたいし、やりたいことを今後もどんどんやっていきます!それを見た人間のみんなが、笑顔になったり、元気になってくれたら、本当にステキだと思います!

YouTuberとしての夢は…フェス開催、海外進出、世界一、オリンピックのマスコット!

――今後やっていきたいこと・挑戦してみたいことは?
キズナアイ ヒカキンさんに挨拶したいなー。日本ではYouTuberとして一番“繋がっている”人は、はじめしゃちょーさんですけど、やっぱり日本YouTuberの“親分”ですからねー! 世界一になるためには、まずは日本から。

挑戦としては、世界同時でフェスイベントをやりたいですね。ホストとしても会場に行くし、現地に行けない人はモニター越しに参加してもらう! 小さいものからイベントを企画していって、リアルの世界でのイベントがはじめてのみんなと私の共同作業になることが私の夢ですね。

――実際の進捗はどうですか?
キズナアイ フェスは私1人じゃできないですから。何からすればいいかわからないし、世界同時フェスをやるなら、戸籍がない私の代わりに会場を抑えてくれる人も、翻訳を手伝ってくれる人も必要です。まだまだ圧倒的に繋がりきれていないので、協力してもらえる人とどんどんつながっていかないといけない。そういう段階ですね。なので、今は、みんなに届けるグッズを作ったり、やっぱり音楽って必要だと思うので、歌と踊りの練習とかしています!自分の曲も…ほしいですよね!

――では最後に、具体的にどれだけの人間と繋がりたいのですか?
キズナアイ 最終的には、76億! 世界中のみんなです!

――Youtubeの視聴者数は世界で76億ないと思いますよ?(笑)
キズナアイ あれ?そうなんですか?じゃあ、まずはYouTuber世界一! PewDiePie(ピューディーパイ)さんの登録者数6000万フォロワーを超える事! オリンピックのマスコットもやりたいです!YouTubeの公式キャラクターにもなりたい!やりたいことはまだまだたくさんあります。夢だけは大きく持っています。そして最後は、世界中の人と繋がりたいです!

Information

■A.I.Channel
https://goo.gl/uMP1DM
■A.I.Games
https://goo.gl/Xn7u84

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!