• ホーム
  • 趣味
  • ディズニー“キャスト”だけのために開催! 一般客は入れない『サンクスデー』に潜入!

ディズニー“キャスト”だけのために開催! 一般客は入れない『サンクスデー』に潜入!

 16日(火)夜、冬のスペシャルイベントが開催中の東京ディズニーランドにて一年に一度だけの超限定的なイベント、『サンクスデー』が開催された。これは上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしするイベントで、閉園後のパークを貸し切ってキャストだけが参加するスペシャルな内容。一般客は入ることが出来ないその一部始終を公開!

年に1度だけキャストがゲストに! 閉演後に開催される大規模イベント

 この『サンクスデー』は毎年開催している大規模&超限定的なイベントで、この日だけは上司である役員や社員がキャストとなり、ゲストとして来園する準社員(キャスト)を優しく出迎え、日頃の感謝を伝える機会となっている。キャストにとってみても、ゲストとしてパークを訪れることでゲスト目線に立ち戻り、改めてホスピタリティーについて再考する機会になるなど、さまざまな意味で“特別な日”になっている。

 昨年は、開園15周年記念イベントを開催していた東京ディズニーシーが『サンクスデー』の会場だったが、今年は東京ディズニーランドにて実施。東京ディズニーリゾートにかかわる参加対象キャスト約24,000人のうち、約16,000人が“ゲスト”としてパークに来園をした。

社長もキャストのコスチュームに! 開場直後の、おもてなしの光景に感動!

 当日のパークの再開場は、20時頃。私服にファンキャップなど思い思いの身につけグッズなどを着けて来園したキャストたちを、パークの玄関口・ワールドバザールにて上役たちがハイタッチで迎える。普段キャストが着用しているコスチュームを身にまとう上司たち、一気に平均年齢が上がった(!?)ような光景に、この日の特別感も漂う。代表取締役社長(兼)COOの上西京一郎氏もカストーディアルキャスト(園内の清掃に携わるキャストのこと)のコスチュームを着て登場し、一緒に記念撮影をする姿も!また、『サンクスデー』ではオリジナルのアメや特製タオルなど記念品の配布も恒例だ。
 20時45分頃、シンデレラ城前では「サンクスデーセレモニー」がスタート! このセレモニーには、株式会社オリエンタルランド代表取締役会長(兼)CEOの加賀見俊夫氏をはじめ、前述の上西京一郎氏、現東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本望氏の合計3人が特別なフロートに乗って登場! キャストの一年間の職務をねぎらった後、その場でキャッスルプロジェクションの「フローズン・フォーエバー」がスタート! あのシンデレラ城を巨大なスクリーンにディズニー映画『アナと雪の女王』の世界が壮大な演出とともに広がり、訪れたキャストたちも大熱狂!

「また一年を頑張ろうと思える」 パーク内に感謝の気持ちが溢れる『サンクスデー』

 『サンクスデー』のパークは様子がいつもと違っており、パーク中に上司のみなさんがキャストのみなさんに向けて書いた温かいメッセージのウェルカムボードがいくつも飾られていたほか、過去に東京ディズニーランドで公演した大人気ショーの名曲がパークワイドで流れるなど、新旧のキャストのみなさんが感動する粋な演出も。
 フードも普段は売っていない「サンクスデーセット」という特別なメニューが提供され、通常は東京ディズニーシーで売っているメニューが食べられるサプライズも『サンクスデー』ならでの楽しみ。また、パークで大人気のキャラクターとのグリーティングも通常は夜間の屋外では実施していないのだが、この日は特別にディズニーの仲間たちもお出迎え!
 各アトラクションのほか、一夜限りのスペシャルなフォトロケーションも大人気で、参加した20代の女性キャストは、「普段一緒に同じ場所で働いてはいるけれど、みんなでパークに遊びに来られる機会が少なかったので、今日は楽しみにしていました!」とコメント。同じく20代男性キャストは、「一年の始めにサンクスデーがあるので、毎年サンクスデーに参加して今年も頑張ろうと思えるんです!」と、一年を頑張る原動力にもなっているようだ。1年に1度だけ、キャストのための「サンクスデー」には、さまざまな思いが込められていた。

(文:鴇田崇)
(C) Disney

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!