• ホーム
  • 芸能
  • 山本彩、羽生結弦選手から影響されたこととは? NMB48での葛藤も告白

山本彩、羽生結弦選手から影響されたこととは? NMB48での葛藤も告白

 2016年、大きな転機を迎えたNMB48の山本彩。『第8回AKB48選抜総選挙』では自己最高の4位を獲得、ライバルと言われた渡辺美優紀が卒業…。10月にはソロデビューも果たし、『紅白』の番組企画『夢の紅白選抜』では見事1位に輝いた。今回、彼女は自身の思いをつづった1stフォトエッセイ『すべての理由』(幻冬舎刊)を上梓。キャプテンとして、エースとして、山本がグループに対して抱える本音とは? フィギュアスケート・羽生結弦選手から影響を受けた曲作りについてなど、じっくり語る。

NMB48で「しんどかった」時代とは? 渡辺美優紀とのライバル関係も

  • 山本彩のファーストエッセイ『すべての理由』(幻冬舎)のカット

    山本彩のファーストエッセイ『すべての理由』(幻冬舎)のカット

――初のフォトエッセイですが、これまでの楽曲制作の経験は執筆に役立ちました?
山本彩 それは大きいと思います。もともと自分のことを書き表すのは苦手だし、今までいろいろなことがあったこともあり、自分の考えをはっきり人に伝えることがなくなってきていたんです。ブログを書くのも苦手で、いつも結局あきらめちゃったりして…。でも、アルバム制作で久しぶりに自分と向き合って、感情に素直に歌を書くことで、自分の考えを言葉にする感覚を思い出しました。今回は、わりとポロポロと心の声が出たなという感じです。

――エッセイは中学生時代まで遡っています。一度メジャーデビューして解散という経験は、バネになっていますか?
山本彩 その経験があったからこそ、NMB48で起こったしんどいことも乗り越えて、当時の気持ちも克服できました。昔は、メジャーデビューの経験自体が嫌なことだったんですけど、そうは思わなくなりました。

――NMB48での“しんどいこと”とは?
山本彩 予定調和じゃないグループだったので、昔はサプライズや変化を起こすことの大事さがわからなかった。今となってはいい風に働いたと思えますが、当時はひとつひとつがツラかったです。あとは、すごく比べられてた時ですね。卒業しちゃったんですけど、みるきー(渡辺美優紀)とずっとライバル関係で見られていることは、しんどかった。比べられていることを前提にすべてを考えていたんです。「あっちはこうだから自分はこうじゃなきゃいけない」みたいに、自分を自分でがんじがらめにして頭が硬かった。

――渡辺さんが昨夏に卒業して7ヶ月。山本さんとして何か変化は?
山本彩 今は、グループを俯瞰して見られるように、目線が変わったと思います。みるきーが卒業して以降、新しく頭角を現すメンバーが出るべきだと思いますし、そのために自分は何ができるか、よりグループのことを考えるようになりました。

“紅白”で躍進、キャプテンの孤独。必要なのは「自分を捨てる覚悟」

  • 山本彩のファーストエッセイ『すべての理由』(幻冬舎)のカット

    山本彩のファーストエッセイ『すべての理由』(幻冬舎)のカット

――NMB48はそれぞれの強みを生かしたソロ活動も盛んですが、今のメンバーたちの活躍をどう思いますか。
山本彩 すごく頼もしいなと思います。普段は、“プロデュースしてもらう中で、自分をどう見せるか”が勝負だったんですが、それだけではどこか満足できないNMB48メンバーの性格がいい形で表れている気がします。メンバーもすごく生き生きしていますね。とくに、私と同じ1期生の吉田朱里はすごい。最初に「YouTuberをやりたい」と言った時は、私も“それってどうなの?”と思ったんですけど、今となってはそれが代名詞となり、お仕事にもつながっている。しかも、根底になる部分は崩さずに進化させて、しっかり自分の意志でやっているのがすごいですね。

――一方で、本の中では「みんな対自分」のように考えてしまう孤独がある、とおっしゃられていて。キャプテンをやめたいと思ったことはありますか?
山本彩 やめたいと思ったことは一度もないです。

――その“孤独”とはどう戦ってきたんでしょう?
山本彩 答えがない、と思ったのが一番です。私以外にもチームにはキャプテンがいて、それぞれ形やあり方が違う。正解がないからこそ、“こうでなきゃいけない”という決まりはない。変にキャプテンということを考えないようにしてからは、やりやすくなりました。それに、ソロ活動をしてグループに戻ると、ホッとするところはめちゃくちゃありますね。

――そんな山本さんから見て、今のNMB48の課題とは?
山本彩 グループで目標は欲しいと思います。今はメンバー個人がそれぞれの目標に向かっているということもありますが、例えば昔なら「今年は紅白に出たいです!」みたいな。グループとしての目標がある時って、向かう方向が一緒というだけでもすごく団結が生まれていたので、今こそ一体感がほしい。卒業が続いていたりするので難しいところはあると思うんですけど、“だからこそ”とは思います。あと、自分を捨てる覚悟は全員があるべきかなと思います。自分の気持ちを捨てても、チームに必要な選択ができるように。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!