• ホーム
  • 音楽
  • 中島美嘉、苦悩な時期や結婚後の心境を赤裸々に告白

中島美嘉、苦悩な時期や結婚後の心境を赤裸々に告白

 デビュー15周年を迎えた中島美嘉が、待望の新作「花束」を発売。ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)主題歌として多くの人たちの心を温かく揺さぶる壮大なバラードは、玉置浩二との強力タッグによるもの。昨年のクリスマスにバレーボールの清水邦弘選手との結婚を経て、女性としての幸せをつかんだ中島美嘉。今作からも至福な表情が丸みを帯びた歌声を通して伝わってくるが、今の心境、15年を振り返っての苦悩など、赤裸々に語った。

旦那さんに出会うまでの自分はものすごくネガティブだった

  • シングル「花束」【初回限定盤】

    シングル「花束」【初回限定盤】

――久々の新曲「花束」がリリースされましたが、聴いた瞬間、中島さんの声の変化に驚かされました。どこか憂い(陰)を帯びたこれまでの歌声とは異なり、今作では外に解き放たれている印象を受けました。
中島 今作は、玉置浩二さんが作ってくださったのですが、玉置さんのデモテープを聴いたときに、難しい楽曲なうえに、恐ろしく玉置さんの歌が上手で、果たして私にこの曲を歌いこなすことができるんだろうか? 逆に玉置さんが自身の曲として歌われた方がいいんじゃないか? と思ったんです。でも、実際にレコーディングをしてみたら、音域が見事にはまって。低いところから高いところまで一番気持ちよく出せる音域の楽曲で、ディレクターさんにも「ここ5、6年の中で一番いいね」と言っていただけたり、自分自身歌っていてすごくしっくりきました。

――まず出だしのファルセットで、完全に心を鷲掴みにされました。正直、いきなり高音域のファルセットって、もっとも音域がとりずらいと思うのですが。
中島 ファルセットは昔から得意だったんです。だから、全く不安がなかったですし、むしろファルセットがあったことで気が楽になって、そのあとの難解な部分も、いい意味で力を抜いて、楽しく歌うことができたんです。

――あと、声の変化は心境の変化にもつながっているのではないかと。守るべき人、自分を守ってくれる最愛のパートナーと出会い、人生の転機を迎えたことが、自身の変化につながったというのはありますか?
中島 それはおおいにありますね。正直、旦那さんに出会うまでの自分はものすごくネガティブだったんです。これは暗く聞かないで欲しいんですが、耳の病気のこともあったから、「やります、頑張ります」と言っても、思うようにできないことが多々あって。そのときは消えてしまいたいといつも思っていました。

芸能人としての中島美嘉が存在しなくなった時期も、とにかく苦しくて仕方なかった

  • シングル「花束」【通常盤】

    シングル「花束」【通常盤】

――そこまで精神的に追い詰められていたとは。
中島 今だから言えるけど、自分が存在しない年があったんです。ちょうど映画『NANA』が終わってから5、6年ぐらいかな……。自分にとって『NANA』の存在はものすごく大きくて。実は初めて私自身がやりたいと思って、自ら掴みにいった作品だったんです。

――センセーショナルを巻き起こしたうえに、NANAはまさに中島さんそのものといっても過言ではないほど、役にハマってましたよね。
中島 友達から「美嘉そっくりの主人公の漫画が映画化されるらしいよ」って話を聞いて、実際に読んでみたら、蓮の花やヴィヴィアン・ウエストウッドの服が好きとか、自分でもビックリするぐらい、共通する部分ばかりで。これは私がやるしかないでしょ? と思って、いざチャレンジしたのはいいんですが、それからことあるごとに「NANA、NANA」と言われて。でも、私はNANAじゃないし、この先もずっと中島美嘉ではなく、NANAとして自分は存在していくのかな? 本当の私はダメなのかなって。

――疑心暗鬼になっちゃいますよね。
中島 嬉しい反面、反発心もあって。今思うと、その時期の私は超ぐれてましたね(苦笑)。でも、それまでずっとバラードを歌い続けてきて、バラードも大好きだし、自分の声に合っていると思うんですが、実はロックも好きで。カップリングやアルバムではロックを歌っていたのに、どうしてもロックのイメージがつかなかったけど、『NANA』によってロックなイメージがついたんです。だから、中島美嘉のイメージを広げてくれたという意味でも、今では感謝しています。でも、当時は芸能人としての中島美嘉というものが私の中で存在しなくなってしまって、とにかく苦しくて仕方なかったです。

――そんな渦中にいた中島さんを旦那さんが救ってくれたと。
中島 旦那さんは、常に世界を相手にしている人というのもあるんでしょうが、メンタルが人並み外れて強いんです。この人のこのパワーってどこから出てくるんだろう? って、ずっと不思議に思っていて、彼に聞いたんですよ。そうしたら、ただポジティブなことを口にするという、ものすごく簡単なことで。例えば、「今日は疲れた、もう何もやりたくない」って思っていても、「全然平気、超やりたい!」って、ネガティブなことをすべてポジティブに変換するという、彼流の楽しくなる方法(メンタルトレーニング)を実践したら、本当にその言葉の通りになって。

――実際に変わったことは?
中島 それまでコンサートをやる度に、すごく緊張して、その場から逃げ出したくなるぐらい毎回怯えていました(苦笑)。でも、「歌いたくてたまらなかった」って言ったら、すごく楽しくなったし、彼に「辛いときこそ、笑ってみろ」って言われて、声が出なくて辛いときに笑ってみたら、声が急に出たり。彼のおかげで楽しく仕事ができるようになったし、心からライブが楽しいと思えました。

――中島さんの堂々とした立ち振る舞いから全く怯えている様子は想像もできなかったのですが。
中島 ファンの人を前にすると大丈夫なんですが、当時は失敗したらどうしよう〜って、毎回、ライブが終わる度に反省し、凹んでばかりでした。でも、今は失敗が怖くなくなったし、「観ないと損するよ」って自ら言いたくなるぐらいのライブができるようになりました。
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!