アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 永山絢斗 SPECIAL INTERVIEW 心地よくて…楽しくはないけど おもしろい

永山絢斗 SPECIAL INTERVIEW 心地よくて…楽しくはないけど おもしろい

出演映画が続き、人気とともにその確かな演技への評価を急上昇させている若手の実力派俳優・永山絢斗。
そんな彼がまた新たな顔を見せてくれるのは
三池崇史監督による本格アクションサスペンス大作『藁の楯 わらのたて』。
撮影現場での葛藤、今の自分に対して思うこと……素顔をのぞかせてくれました!

まだまだ発散できていない

──たしかに、思っちゃいますね(笑)。加えて、永山さんにとっての正義とは?
【永山】 なかなか大きな質問ですね(笑)。そうですね、守るものがある、ということが正義につながるのかな……。

──難しいですよね。
【永山】 難しいですね。正義とは何か、から話はちょっとズレるかもしれないですけど、ああいうキャラクター(神箸)で、しかも死と隣り合わせの状況にいるときって、母親のことを思い出すものなんですね。そういうところが、人間っぽいなと思ったんです。ああ、リアルだなって。自分もああいう状況になったら、きっと母親を思い浮かべるんだろうなぁと。

──やっぱりお母さんには弱いですか?
【永山】 弱いです(笑)。この映画じゃないですけど、立て籠もる犯人に警察が「お母さんが……」って説得するシーンがよくあるじゃないですか。もしも自分がそう言われる立場だったら、まあ、出ていくでしょうね。お母さんはナシでしょ!って思うんじゃないかな(笑)。ただ、今回の清丸はそういうありきたりじゃない犯人だからこそ映画としてはおもしろくて。ほんと嫌なヤツです(苦笑)。

──ほんと嫌なヤツではありますが、役者として、清丸みたいな殺人鬼を演じてみたいとも思う?
【永山】 やってみたいです。こういう役がやりたい!という具体的なのものはあまりないけれど、時代劇もそのひとつですし、とにかくいろいろ演じてみたいです。

──いろいろやってみたいということは、それだけ役者業を楽しんでいるということに繋がりますね。
【永山】 繋がっちゃいますね(笑)。楽しくはないんですけど、おもしろいんです。



──というと?
【永山】 撮影中というのは、(演じることが)心地よくはあるんですけど、楽しくはないんです。早くあのシーンを撮り終えたいなとか思うし。でも、クランクアップして家に帰ると、やっぱりまた現場にいたいと思ってしまう。……ってことは、楽しいのか(笑)。

──(笑)のようですね。最後に、この『藁の楯 わらのたて』に出演したことによって得られたものは何ですか?
【永山】 得られたというか、自分のことが分からなくなりました。まだまだ発散できていないことを実感したというか。遊んで得る発散とも違う、お酒を飲んで得る発散とも違う、なんて言うか、現場で発散できるってことが(役者としては当然)一番いいことなんだなとは思うんです。でも、全然発散できていなくて反省ばっかり。それでも、演じることはおもしろいんです。
(文:新谷里映/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

⇒ 前のページへ【このなかに自分もいられるんだな…】

映画情報

藁の楯 わらのたて

 「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます」前代未聞の広告に、日本中が揺れた!広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。“この男”とは、蜷川の孫娘を殺して逃走中の清丸。命の危険を感じた清丸は、福岡県警に自ら出頭。全国民に清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅と白岩は凶悪犯を護送することになる。

監督:三池崇史
出演者:大沢たかお 松嶋菜々子 岸谷五朗 永山絢斗 藤原竜也 山崎努
【映画予告編】 【OFFICIAL SITE】
2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
(C)2013 映画「藁の盾」製作委員会

関連リンク

[INTERVIEW I]おもしろさであり恐さでもある
[INTERVIEW II]まだまだ発散できていない
映画予告編日本全国民が敵になる──!?
『藁の楯 わらのたて』公式サイト
前へ
  • 1
  • 2

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!