• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

Crackの歌詞

発売日 1997年02月26日
作詞 山田ひろし
作曲 徳永英明

遠いクラクション、欠けてく白い月
無言電話、嘘、見知らぬ部屋のドア
弦が切れたまま 狂ったチューニングのギター

誰もかまわない 誰もさわらない
ヒビは広がってく 静かに

仮面、フェミニスト、深爪、消えた恋
雨の月曜日、プライド、スペアキー
何を失くしても 気付かず笑ってるスタンス

誰のせいでもない 誰のせいでもない
だから悪いのさ 誰もが

Ah- どんな心にも
ヒビが広がり始める
Ah- きっといつの日か
僕を粉々にするさ

消えないものだけ 誰もが欲しがって
見えないどこかへ 誰もが棄ててって
愛のせいにして 残らず救われたふり

岩に染み込んだ 水が凍る時
割れてしまうのと 同じさ

Ah- 君は気付かない
君の胸にもあるのさ
Ah- だから気を付けて
壊れ始めているから

ありふれたKissさえ
棘になってしまう なぜか

Ah- どんな心にも
ヒビが広がり始める
Ah- きっといつの日か
僕を粉々にするさ

音もたてず進む Crack

情報提供元うたまっぷ.com

徳永英明の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • ずっと変わらないもの
  • 風が吹くよ
  • 置手紙
  • あなたがいないと分かっているのに
  • 空はみんなのもの
  • 夜空を見上げて
  • 夢を
  • あの日 叫んだのは
  • 陽炎
  • あなた遠くへ逝ったのは

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ