ドラマ&映画 カテゴリ

妻夫木聡、「テレビ映画」ばかりの現状に危機感

 俳優の妻夫木聡松山ケンイチが8日、公開中の主演映画『マイ・バック・ページ』の山下敦弘監督とともに、一般客を招いてティーチ・イン(討論会)を都内で行った。妻夫木は批判を恐れず、日本映画界について言及。「映画の興行を回しているのはテレビ映画ばかり。一方で、ほかの国に発信できるような映画を作るチャンスが小さくなっている。自分たちがどういう映画を作っていきたいのか、作る側の立場として変わっていかないといけないと思う」と真摯に話した。

 二人は同作を鑑賞した観客からの率直な感想を聞き、質問にも丁寧に応えること1時間あまり。松山は、同作の時代背景と東日本大震災が起きた後の今の心境重ね、「土日のどちらか、行ける時は車で日帰りできる福島にがれき撤去のボランティアに行っている」と明かした。「僕、本当にバイトをしても不真面目だったけど、がれき撤去だけは、時間を惜しんでせっせと動いている。自分でもびっくりするくらい。苦じゃないし、何とかしないといけないと思っているから体が動くんですね」と生き生きと話した。

 妻夫木もモヤモヤっとした思いを吐き出すように言葉があふれた。「芸能人になったら、適当に仕事して、お金もらって、女にも持てて、ちやほやされながら過ごせると思っていたけど、やってみたら何もできないし、セリフは出てこないし、芝居なんてわからないし、すごい挫折を味わった。それがあったからこそ、今の自分があると思う」。

 また、世間が抱くイメージと自分自身とのギャップについても、「映画賞とかもらって、妻夫木は演技の才能があると言ってくれた人もいるけど、芝居が下手なのは自分でわかっているし、感覚だけでは演じられない。だから努力家ではあると思うけど…」と話し、昨年公開の『悪人』を撮影していた頃から、「自分自身をどう捉えていいのかわからなくなって、体調も悪くなった」ほど、自分探しの苦しみが続いているという。

 さらに「仕組まれた社会の中に存在して、その中でぐるぐる回っている自分がいる。はみ出すには勇気がいるし、局面を打開できるのは自分の力しかないし。何かやってみようと心が動いたら、やらないで後悔するくらいなら、やった方がいいと思う。踏み出してみないと変わらないし、そうしないといけない時期にあるかも」などと話していた。

 映画は、元朝日新聞社の記者・川本三郎によるノンフィクションを映画化した社会派青春ドラマ。1960〜70年代を舞台に、理想に燃える若きジャーナリスト・沢田(妻夫木聡)と、革命を目指す学生活動家・梅山(松山ケンイチ)との出会いと交流、起きてしまった取り返しの付かない事件を描く。山下監督は「原作をもとに、映画的に面白く脚色することもできたが、どこかでこの話を面白くしてたまるかと思っていた」と話していた。

【映画『マイ・バック・ページ』関連特集】
妻夫木×松ケンインタビュー★仲が良いだけではない2人の関係性
あらすじをチェック! 予告編動画
衝撃と感動の映画 場面カットフォトギャラリー


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 「もっと話したかった」と観客と白熱のトークを繰り広げた妻夫木聡(右)と松山ケンイチ (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『マイ・バック・ページ』のティーチ・インには20人の観客が集まった (C)ORICON DD inc.  
  • 映画『マイ・バック・ページ』のティーチ・インに出席した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.  
  • 映画『マイ・バック・ページ』のティーチ・インに出席した妻夫木聡 (C)ORICON DD inc.  

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索