百恵さん長男がソロ始動

 俳優・三浦友和と元歌手・山口百恵さん夫妻の長男三浦祐太朗が2日、昨年9月に活動休止し、ボーカルとギターを務めたロックバンド・Peaky SALT(ピーキーソルト)の公式ブログで、「Peaky SALT ユウ ソロプロジェクト始動」と明記し、ソロ活動を行うことを発表した。

 後に加入する後輩のスーザン(ドラム)を除く中学時代の同級生3人で結成したバンドを母体に、2007年2月より本格的にPeaky SALTとしての活動をスタート。三浦はユウとしてPeaky SALTのボーカルとギターを担当し、2008年11月26日、シングル「イトシセツナナミダ」でバップよりメジャーデビュー。清涼飲料水やスナック菓子のCMソングに起用され、デビュー直後にもかかわらずCM出演を果たし、“大物2世”として話題を集めた。

 その後、シングル3枚、ミニアルバム1枚、フルアルバム1枚を発表後、2010年4月末で所属レコード会社との契約が終了。同年6月にはスーザンが公式サイトで突如脱退を表明、7月16日のライブをもって正式に脱退し、新たに当初の3人でリスタートを切っていた。しかし、その後は特に表立った活動はなく、同年9月20日に公式サイトで活動休止を発表。公式サイト及び公式ブログに掲載されたコメントでは、解散はせず、将来的な活動再開を示唆していた。

 なお、弟・三浦貴大は現在俳優として活動している。



オリコントピックス