ビーディ・アイ主催の日本支援ライブで2200万円寄付

 東日本大震災の被災者を支援するため4月3日(日)、元オアシスリアム・ギャラガー率いる英ロックバンド・ビーディ・アイの呼びかけにより実現したチャリティーコンサート『JAPAN DISASTER BENEFIT』が、英・ロンドンのブリクストン・アカデミーで行われた。同イベントの収益金・約2200万円(約16万ポンド)が、英・赤十字社を通じて、日本赤十字社に寄付されることが、わかった。

 オアシス時代からツアーで何度も日本を訪れ、「日本にはたくさんいい思い出がある」「日本の人は俺たちにいつもよくしてくれた」と深い想いを持つビーディ・アイは、スクリーンに大きく映し出された日の丸をバックに登場。「フォー・レター・ワード」や「キル・フォー・ア・ドリーム」ほか、ビートルズのカバー曲「アクロス・ザ・ユニバース」など、11曲を熱唱。そのほか、同イベントに参加したポール・ウェラーは、「30年間、日本のファンから多くのサポートをもらってきた。今度は俺たちがそれを返す番だ」と温かいメッセージを寄せた。

 震災時にヨーロッパツアー中だったリアムは、テレビから流れる報道を見て、「すぐに何かしないといけないと思ってポール・ウェラーに電話したら、大至急OKしてくれた。その後ポールも多くの友人に電話して、あっという間にみんなが賛同してくれて、気づいたらこんなに集まってくれた」と地震発生からわずか10日後にイベント開催を発表。その12日後にイベント実施と、異例のスピードで開催にまで至った。

 さらに、「出演者はもちろん、ライブ会場、会場で働いている人も全て無償で協力してくれたんだ」(アンディ・ベル/ギター)と出演者・スタッフの全員が賛同し、義援金に協力した。

参加アーティストビーディ・アイ/ポール・ウェラープライマル・スクリーム/リチャード・アシュクロフト(ザ・ヴァーヴのシンガー)/グレアム・コクソン(ブラ―のギタリスト)/ケリー・ジョーンズ(ステレオフォニックスのシンガー)/ザ・コーラル

関連写真

  • ビーディ・アイのボーカル、リアム・ギャラガー 
  • ビーディ・アイのボーカル、リアム・ギャラガー 
  • ビーディ・アイ(左からアンディ・ベル、クリス・シャーロック、ゲム・アーチャー、リアム・ギャラガー) 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索