アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • Superflyの沖縄ライブを全国FM52局で同時生放送 新曲も初公開

Superflyの沖縄ライブを全国FM52局で同時生放送 新曲も初公開

 全国FM連合とKDDIが20日、東京・TOKYO FMホールで会見を開き、『MEET THE MUSIC LIVE』を3月20日に開催することを発表した。4回目となる今回は、Superflyが沖縄県那覇市のナムラホールで行うライブを全国民放FM52局が同時生放送(後7:00〜8:00)。キャンペーンソングは、Superflyが新曲「Sunshine Sunshine」を書き下ろした。アーティスト本人による書き下ろしキャンペーンソングは今回が初めて。

 2008年に桑田佳祐(沖縄・石垣島)、2009年にコブクロ(和歌山)、2010年にレミオロメン(東京・六本木)が行ってきた全国の民放FM局同時生放送ライブ。4回目の今回は、ボーカリスト・越智志帆のソロプロジェクト、Superflyに白羽の矢が立った。

 舞台は、志帆本人が希望した沖縄。会見に登壇した志帆は「昨年初めてプライベートで沖縄に行きました。時間の流れが穏やかでゆっくりしていて、こういう環境で歌えたら気持ちいいだろうな、いつかライブやりたいなと思っていた場所でした」と明かした。

 会見中には、TOKYO FM、J-WAVE、FM沖縄の3局で新曲「Sunshine Sunshine」を初公開。「沖縄で歌うことを想像しながら書いたので、早く歌いたい」と胸を躍らせる志帆は「沖縄でライブをすること自体が初めてなので、会場のお客さんと一緒に楽しめたら。ラジオで生演奏、生放送というのもSuperflyでは初めての試みなので緊張すると思いますが、思い切りパワフルに歌いたい」と意気込みを語った。

 本キャンペーンソング「Sunshine Sunshine」は、au携帯電話限定で21日から1週間、着うた(R)を先行配信。CDは3月9日発売予定。



関連写真

  • 3月の沖縄ライブが全国民放FM52局で同時生放送されるSuperfly 
  • 会見の模様はTOKYO FM、J-WAVE、FM沖縄で生放送された 
タグ

オリコントピックス