アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ソン・スンホン、天才子役・芦田愛菜にメロメロ

ソン・スンホン、天才子役・芦田愛菜にメロメロ



 女優の松嶋菜々子と韓国俳優のソン・スンホンが共演する映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』(大谷太郎監督、11月13日公開)の完成披露試写会が12日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャスト陣が舞台あいさつに登壇した。ゴースト役で出演する子役・芦田愛菜の隣に立ったスンホンは、自分の足の長さよりも背の低い芦田が気になる様子。芦田から「すごくかっこよくて、やさしかったです」と言われた際には、その可愛らしさに思わず笑みをこぼしていた。

 同作は1990年にデミ・ムーアとパトリック・スウェイジの主演で公開され、日本でも大ヒットした映画『ゴースト ニューヨークの幻』のアジア版。会社経営者の星野七海(松嶋)と陶芸家を目指す韓国人青年キム・ジュノ(ソン)が恋に落ち幸せな日々を過ごすも、突然ある事件に巻き込まれ七海が命を落としてしまう。しかし七海の魂はゴーストとなってジュノのそばにとどまるというストーリーが展開される。

 女性がゴーストになる設定は、オリジナルとは男女逆だが、印象的な“ろくろ”のシーンは継承されたことが明らかになり、松嶋は「オリジナルを意識しすぎず、素直に挑めました」と自信をのぞかせた。

 スンホンは「ろくろを回すだけなら簡単そうだし、現場に行ってからなんとかなると思っていたら、思いのほか難しくて大変でした。ロマンチックで愛しいシーンですが、ちゃんと練習しておけばよかったと後で思いました」と振り返る一方、「誰かを愛したことのある人、恋をしたことのある人なら、きっと共感してもられる作品になりました。たくさんの思い出と感動を持ち帰ってください」とアピール。11月25日より韓国でも公開されることが決まり、「本当にうれしい。監督、共演者のみなさんも韓国に来て下さい」と話した。

 この日はほかに共演の鈴木砂羽橋本さとしも出席し、韓国語を話すシーンのある鈴木が「スンホンさんに発音を教えてもらった」と明かすと客席のファンから「いいな〜」とブーイングが飛ぶ場面も。橋本は、スンホン演じるジュノの命を狙って「ナイフ片手に追いかけてしまいました。ごめんなさい。でも、スンホンの足が速くてなかなか追いつけなかった」とファンに謝り、笑いを誘っていた。。

 また、オリジナル版のテーマ曲であるライチャス・ブラザーズの名曲「アンチェインド・メロディ」をアジア版でも採用し、平井堅がカバーすることも発表された。平井は書き下ろしの主題歌「アイシテル」も担当している。

オリコントピックス