アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高校生のアニメ大会『アニメ甲子園』で、洗足学園高等学校3年・田頭里奈さんが声優部門3連覇達成

高校生のアニメ大会『アニメ甲子園』で、洗足学園高等学校3年・田頭里奈さんが声優部門3連覇達成


写真を拡大する
ボイスアクト実演の様子(中央のマイクが田頭里奈さん)。演技終了後、会場内は拍手に包まれた。


写真を拡大する
受賞コメントをする洗足学園高等学校3年・田頭里奈さん。

 アニメーション制作に取り組む全国の高校生のための大会『第3回高校生アニメフェア アニメ甲子園2009-2010』が 27日 、東京ビッグサイト『東京国際アニメフェア2010』内で開催された。声の演技を競う「ボイスアクト部門」では、341名のエントリーのなかから、洗足学園高等学校3年の田頭里奈(でんどう・りな)さんが最優秀賞である日本音声製作者連盟賞を受賞。第1回から参加している田頭さんは、今大会で3連覇を達成した。

 高校生のためのアニメフェスタ、『第3回高校生アニメフェア』で行われる大会『アニメ甲子園2009-2010』。声優としての演技を競う「ボイスアクト部門」には全国から341名がエントリー。そして27日、選考を勝ち抜いた10名が最終演技審査に臨んだ。

 最終演技審査では、10名がアニメ『極上!! めちゃモテ委員長』 (テレビ東京系)のワンシーンを、審査員を前にして実際にアフレコ風に演技。最終に進出した高校生10人のレベルは高く、会場内がため息混じりの賛辞に包まれる一幕も。

 難航した審査の末、最優秀者に贈られる日本音声製作者連盟賞を受賞したのは、洗足学園高等学校3年の田頭里奈(でんどう・りな)さん。田頭里奈さんは『アニメ甲子園』第1回大会から3大会連続で参加、今回でボイスアクト部門3連覇を達成した。田頭さんは演じるキャラクターそのものになったかのように、声だけではなく身体全体を使って表現。さまざまなキャラクターの演じ分けも高く評価された。

 審査にあたった(株)青二プロダクション・池田克明 氏(声優プロダクションマネージャー)は、「みなさん今すぐにでも現場に来てもらっていいんじゃないかというくらいハイレベルで堂々としていました。素直に演じている人もいれば、自分でキャラクター構成をしっかりと持って演じている人もいました。この大会で出会った人たちのなかから将来プロになる人がいたら、またいつか現場で出会いたい」と講評。

 審査のほか、当日の演技指導も担当した音響監督・明田川 進氏((株)マジックカプセル 代表取締役)は、「回を追うごとにレベルが上がってきている。審査は難航したが、選考ポイントは、表現の抑揚やいかに“芝居”ができているかといった点。プロの現場でも年々、高校生のキャラクターが登場するアニメの声はリアルな高校生に演技してほしいという要望が強くなってきています。高校生には注目しています」と、アフレコの現場に携わる音響監督としての視点で語った。

 そして、声優プロダクションなどアフレコに関わる会社による団体・日本音声製作者連盟の理事長・南沢道義氏は「アフレコ風景は自分のスタジオで毎日見ているはずなんですが、こういう場で改めて高校生たちの実演を見ると新鮮で、私までドキドキしました。みなさんが大きな夢をもって私たちの業界に参加してくれたら嬉しい」と、アニメ業界を目指す高校生たちにエールを送った。

 最優秀賞に輝いた田頭里奈さんは「『アニメ甲子園』には第1回大会から参加させていただきましたが、3年連続でこのような素晴らしい賞をいただけて夢のようです。プレッシャーに負けずに演技できた自分自身に正直驚いています。本当にありがとうございました!」と喜びを語っていた。

■声優ニュース満載『WEBデ☆ビュー』HP
http://www.deview.co.jp/

  • アニソングランプリ優勝、舞台裏を語る(10/03/17)
  • 人気声優・神谷&小野がきせかえツールに(10/03/16)
  • 声優アワードで新人発掘オーディション開催(10/03/08)
  • 声優アワード発表!主演男優賞に小野大輔(10/03/07)
  • アニメ制作者の熱い本音に迫る『アニメの中の人』放送(10/02/26)
  •  

    【写真】その他の写真を見る


    関連写真

    • ボイスアクト実演の様子(中央のマイクが田頭里奈さん)。演技終了後、会場内は拍手に包まれた 
    • 受賞コメントをする洗足学園高等学校3年・田頭里奈さん 

    提供元:Deview

    オリコントピックス