• ホーム
  • 芸能
  • 北野誠の活動再開に“元相方”が心境告白 “救世主”たかじんも昨夏に復帰を後押し

北野誠の活動再開に“元相方”が心境告白 “救世主”たかじんも昨夏に復帰を後押し

■その他の写真はこちら

 無期限謹慎処分を今月20日付で解除されたタレントの北野誠。活動再開を前に、不適切発言があったとして昨年3月に終了したラジオ番組『誠のサイキック青年団』で長年共演、これまで北野同様メディア活動を自粛していた作家・竹内義和がこのほど、ORICON STYLEの電話取材に応じ、自身の活動や心境を告白した。また、北野のテレビ復帰を後押しした1人で、27日に自身の番組に出演させる歌手・やしきたかじんが、昨夏に本サイトだけに語っていた証言を初披露する。

 番組では北野をはじめ“サイキッカー”と呼ばれるリスナーからアニキと慕われていた竹内は、昨春の北野の謝罪会見以降、執筆に限定して活動。ようやく18日より竹内が大阪・なんばで週1回、定期的に行う単独トークイベント『ライブラジオ』の再開を決めた矢先に、北野の活動再開が発表された。

 20年以上共演した“阿吽(あうん)の呼吸”を信じていた。謹慎後あまり頻繁に連絡を取ることもなかったが、自身「確かに『しゃべりたい!』という欲求はあったけど、焦りはない」という。今後のライブでの共演には「事務所や本人的にOKであれば…」としたが「今すぐには…僕は僕、彼は彼ですよ」。

 いたるところから厳しい視線を浴びながらも、反省の日々を過ごし「きっと前向きに頑張っていたと思う」と、温かいエールを送ったのは竹内だけではない。27日放送の番組『たかじん胸いっぱい』(関西テレビ系)で北野をテレビ復帰させる“関西芸能界の大御所”やしきたかじんもその1人だ。

 実は昨夏、たかじんが北野の復帰を支援するという情報をキャッチ。大阪市内で単独取材を試みると、最初こそ「俺、海外(旅行)に行ってたからわからへんねん…」と濁したが、北野がたかじんを頼って東京から来阪しているかと問うと「お〜、この前(家に)来よった! 元気にしてたぞ!」とポロリ。北野とは“旧知の仲”としても知られるたかじんだけに「自身の番組から復帰させないのか?」と追求すると「『たかじん胸いっぱい』から復帰させてやる!」と宣言していた。

 結果的にこの“発言”が現実となったことに、在阪テレビ局編成マンは「やはり復帰の際は、最初が肝心。誰が見ても納得できる形として(大御所の)たかじんが仕切る番組を選んだのでしょう。今回のキャスティングは話題、視聴率にも好影響を与えると判断したんじゃないんですかね」と分析。もっとも今後の活動には「やはりテレビ、ラジオ、CM、講演活動は厳しい…」といい、すぐに全メディアで活動再開というわけにはいかなそうだ。





関連写真

  • 一昨年8月、北野誠(左)と共にイベント『濃い口トークミィーティング』を行った竹内義和(右)が心境を語った(C)ORICON DD inc. 
  • 昨年4月、謝罪会見で涙する北野誠(C)ORICON DD inc. 
  • 昨夏、大阪・南港のイベント後に北野を自身の番組で復帰させると宣言していたやしきたかじん(C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス