• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 市原隼人、追突事故をブログで謝罪「車の運転は極力避けようと思います」

市原隼人、追突事故をブログで謝罪「車の運転は極力避けようと思います」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 19日に東京・世田谷区上馬の国道で追突事故を起こした俳優・市原隼人が21日、自身のブログで謝罪した。市原は「身体が疲れている事や不注意…全面を見つめ直し、車の運転は極力避けようと思います」と綴っている。

 19日午後7時半すぎ、市原は世田谷区上馬の国道246号線で、渋滞で止まっていた前方の車に追突。互いの車がへこむ程度で、双方にケガはなく、警視庁・世田谷署は物損事故として処理した。

 市原はブログで「何が自分に出来るか先の事を考え行動しようと思います」と改めて自身を見つめ直した上で「皆様へ、ご迷惑、ご心配をおかけ致しまして、本当に申し訳ありませんでした」と関係者やファンに謝罪のコメントを綴っている。

 市原は2001年、映画『リリィ・シュシュのすべて』に主演し一躍注目を浴びる。その後も04年に『WATER BOYS2』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演、同年公開の映画『偶然にも最悪な少年』では日本アカデミー賞新人賞を受賞。08年には約3年ぶりに出演した連続ドラマ『ROOKIES』(TBS系)が大ヒットを記録した。

オリコントピックス

 を検索