• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • NHKが漫画家・唐沢なをき氏に正式に謝罪「取材者としての基本を徹底」

NHKが漫画家・唐沢なをき氏に正式に謝罪「取材者としての基本を徹底」

■その他の写真はこちら

 『電脳なをさん』『ヌイグルメン!』などで知られる漫画家・唐沢なをき氏が、漫画紹介番組『マンガノゲンバ』(NHK衛星第2)の密着取材が誘導尋問的だとして取材を途中で打ち切り、放送が中止となった件で、NHKが同番組の公式ホームページで正式に謝罪した。「取材相手との信頼関係を築くことができなかったということを重く受け止め、改めて取材者としての基本を徹底していきたいと思います」としている。

 唐沢氏の妻でエッセイスト・唐沢よしこ氏が9月12日付のブログで、番組の取材を中止したことを報告。ドキュメンタリー形式の密着取材にもかかわらず、ディレクターが勝手に作った“ストーリー”を押し付け、別の答えを要求するなどの誘導尋問があったと吐露した。ブログでは「自分の“ストーリー”に即した答えを言うまで許してくれないんですよ。自分のインタビューに対する答えを、質問する前から想定してるんです」と怒りをあらわにしていた。

 唐沢氏の告白はインターネット上で反響を呼び、大手メディアもこの事実を取り上げた。その後、唐沢氏の元に『マンガノゲンバ』のプロデューサーが改めて謝罪に訪れ、今回正式に同番組公式ホームページで謝罪文を掲載した。「担当ディレクターは、唐沢氏への事前取材を通して得られた番組の企画意図を説明したものの努力不足もあり、コミュニケーションを十分とることができませんでした」と説明している。

 唐沢氏は、作家で『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)などにも出演する唐沢俊一氏の実弟。パソコン雑誌『週刊アスキー』(アスキー・メディアワークス)に10年以上にわたって連載されている『電脳なをさん』、漫画雑誌『イブニング』(講談社)連載の『ヌイグルメン!』などを連載中。



オリコントピックス

 を検索