つるの剛士、初のソロライブ開催決定『ひとのうただけどつるのうた』

■その他の写真ニュースはこちら

 2枚目のソロ・アルバム『つるのおと』を9月16日に発表する俳優で歌手のつるの剛士が、ソロとして初めての全国ライブツアーを開催することが決定した。29日放送のフジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』で告知されたもので、ツアータイトルは『ひとのうただけどつるのうた』。1枚目のソロ・アルバム『つるのうた』をはじめ、数々のヒット曲や名曲のカバーを発表してきたつるのが、生のステージでその歌声を披露することになる。

 ツアーは、全国8ヶ所8公演を約2ヶ月間でまわるもので、10月4日の新潟県民会館公演を皮切りにスタートする。つるのは「全国8ヶ所でみなさんに“生”で会えることがうれしいです。音楽は“生”だと思っているので、ひとのうたですが、“つるのうた”として皆さんに届けたいです。会場でお会いしましょう!」とコメントを寄せている。

 なお、9月発売のアルバム『つるのおと』には、山口百恵の名曲「さよならの向う側」が収録されることも発表された。この曲は、フジテレビ系『オールスター芸能人歌がうまい王座決定戦スペシャル』の決勝戦でつるのが歌い、優勝を果たした楽曲。「au Exclusive Liveリニューアルイベント」でもこの曲をつるのが披露し、話題を呼んだ。

山口百恵の曲を歌っているつるの剛士(動画)←EXCLUSIVE!!(音量注意)


 羞恥心

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索