アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「惚れてまうやろー!」 注目のお笑いコンビ・Wエンジンの“説得力”に迫る

「惚れてまうやろー!」 注目のお笑いコンビ・Wエンジンの“説得力”に迫る

■その他の写真はこちら

 人気バラエティ番組『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系・毎(水)後10:00〜)でレッドカーペット賞を2度受賞するなど現在人気急上昇中のお笑いコンビ・Wエンジン。モテない男子の悲哀を叫ぶ「惚れてまうやろー!」「気をつけなはれや!」などの決めゼリフが印象的なコントで爆笑をさらう彼らだが、ようやく陽の目を浴びたその“武器”は、ボケ担当・チャンカワイの“結果的にストイックな人生”から生まれた魂の叫びだった。

 コンビ結成から約8年を経て今年2月に“宴人”から現在のコンビ名に改名。『爆笑〜』の出演をきっかけに彼らの生活は一変したという。このほどORICON STYLEの取材に応じた2人は、今の状況について「なんだかよくわかってないです。ただ、全国どこへ行っても声かけられるようになったし、知ってくれている人がいるようになりましたね」と声を揃えて感謝する。

 ツッコミ担当・えとう窓口が演じる女性の言動を“思わせぶりに勘違いし”一喜一憂するカワイ。どこにでもあるような男女間のやりとりを切り取った「モテない〜」シリーズは、抜群の“間”と思わず「あるある!」と手を叩いて感情移入できるのがポイントだ。

「ずっと心の中で思っていたことを声に出しただけ。(自分がモテない)コンプレックスを取っ払って、1回だけ勇気を出して叫んでみたら笑いが生まれた」(カワイ)。「彼の発想力は女性歌手が書くラブソングの詞やドラマとか、そこから得た知識と想像ですからね。僕はなんとか彼とは違う“普通”の人生を歩んでこれましたけど」(えとう)

 ほとんどがリアルな体験に基づくエピソードだという。カワイは、初めて合コンで王様ゲームをやったときのことを「それまで盛り上がっていたのに王様と僕がキスすることになった瞬間、いきなり王様のコが『ゲームでキスするはおかしい』って言い出して…」と振り返る。「彼も言い返さずに『僕もそう思う』って認めましたからね。僕らみたいなもんはいい思いはしないほうがいいんです」(えとう)。枚挙にいとまがないエピソードの数々。人柄の良さは、芸人として“オイシイ笑い”へと昇華していく。

 ある日、カワイは「秋葉原で知らないオジサンからいきなり握手されて『ありがとう!』って言われた」という。「面白いです」と声をかけられても、いきなり「ありがとう」と声をかけられる芸人はそうそういない。「僕らが代弁してくれたと思ったんでしょうね。ただ、姉の2歳になる息子が『惚れてまうやろー!』って言ってるのを見ると、将来、意味がわかったときのことを思うと申し訳ない気持ちになりますけど」と明るく笑う。

 そんな彼らに将来の展望を聞いてみると「実際に叫ぶことで、世界平和につながると思うんです」と全く予期せぬ返事が返ってきた。「NO WAR!ですよ。あとNO AIDS!」と話すカワイに対し、えとうは「エイズになるキッカケないでしょ? チェリーなんだから…」と優しく諭した。今後も多くの“共感”を笑いに変えていくWエンジンである。

 現在、Wエンジンの爆笑コントや数々のネタを携帯サイト『オリコンサウンド』『オリコンスタイル』で配信中。今後も動画やデコメールなど様々なコンテンツを配信予定。


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • Wエンジン(左:チャンカワイ 右:えとう窓口) 
  • Wエンジン(左:チャンカワイ 右:えとう窓口) 
  • <b>Wエンジンのネタを配信中! オリコンスタイルのQRコード(左)とオリコンサウンドのQRコード(右)</b> 
  • チャンカワイ 
  • えとう窓口 

オリコントピックス