アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 平山あやが急性咽頭炎で舞台降板、代役に鈴木蘭々

平山あやが急性咽頭炎で舞台降板、代役に鈴木蘭々

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の平山あやが、急性咽頭炎のため初舞台『ベントラー・ベントラー・ベントラー』を降板し、鈴木蘭々が代役を務めることが1日(水)、同舞台の企画・製作元からのFAXで明らかになった。

 平山の所属事務所による発表資料では「9月中旬ごろより、のどの痛みや体のだるさを訴え、発熱が続いていたのですが、急性咽頭炎と診断され、9月末、お稽古の続行が困難となり、やむなく降板するに至りました」と経緯を説明。今後は芸能活動を一時休止し、約1ヶ月ほど通院しながら自宅療養する。

 同作は劇作家で俳優の後藤ひろひと率いる演劇集団Piper(パイパー)の10周年記念公演第2弾として、今月8日の東京・全労済ホール スペース・ゼロでの東京公演を皮切りに全国上演される。後藤は現在公開中の映画『パコと魔法の絵本』の原作となった、舞台『MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子vsザリガニ魔人〜』を創作したことでも知られる。



関連写真

  • 急性咽頭炎のため舞台を降板した平山あや[08年3月撮影] 
  • 代役を務める鈴木蘭々[08年4月撮影] 

オリコントピックス