• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “ガキ使”キスおばちゃんが「冥土の土産に」CDデビュー ジェロ超えに自信

“ガキ使”キスおばちゃんが「冥土の土産に」CDデビュー ジェロ超えに自信

■その他の写真はこちら

 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)でもお馴染みの“キスおばちゃん”こと女優の浅見千代子とタレントの千太郎で結成されたユニット“ブッチューズ”が28日(木)、東京・錦糸町駅前ステージでCDデビューイベントを行った。頑なに無言キャラを貫く浅見はこの日も肉声を披露することなく、主演映画『少林老女』で共演した千太郎を通して「冥土の土産になった」と感慨深げにコメント。千太郎も「ジェロを超えてる」と意気込んだ。

 浅見の歌声を聴くために集まった報道陣だったが、この日も浅見は終始無言で笛を吹きながらパフォーマンスを披露。CDでも本人の声は収録されておらずジャケットなどで出演するにとどまり、腰をくねらせたり、胸を揉みながら集まった観客に挑発的な視線を投げかけた。

 イベントの後のインタビューで浅見は千太郎を通じてコメント。ステージの内容に「最高だ。合格」と満足そうな表情を見せ「冥土の土産になった。これでやっと死ねる」と感慨深げ。さらに同作の売上目標を「ミリオン」とぶち上げ、千太郎は同じ黒人歌手のジェロについて「僕には浅見さんがくっついているので、ある意味ジェロを超えてる」と胸を張った。

 この日は、購入者が浅見の胸を触りながら写真撮影が出来るという特典付きのCD即売会も行われ、実際に胸を触った人は「マシュマロみたいに柔らかかった」と感想をもらしていた。デビューシングル「BABAサンバ」は現在発売中。

今月の写真ニュース一覧をみる

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 「ブッチューズ」でCDデビューを果たした“ガキ使”キスおばちゃんの浅見千代子と千太郎 
  • 胸を揉みながら千太郎とともにパフォーマンスを披露 
  • 「ブッチューズ」でCDデビューを果たした“ガキ使”キスおばちゃんの浅見千代子と千太郎 
  • 「ブッチューズ」でCDデビューを果たした“ガキ使”キスおばちゃんの浅見千代子と千太郎 
  • 熱い接吻も交わした 

オリコントピックス

 を検索