• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • パリス涙の訴え「独房は凍えるほど寒い」

パリス涙の訴え「独房は凍えるほど寒い」

 米テレビ番組『シンプル・ライフ』での常識はずれなお嬢様ぶりなどがお茶の間で愛されるスーパーセレブ、パリス・ヒルトン。6月4日より交通違反のため刑務所に入っているが、獄中の様子が報道された。

 免停中の無灯運転のため45日間の禁固刑が言い渡され、6月4日から獄中生活を送っているパリスだが、TMZ.comによれば、あまり楽しんではいないようだ。24時間中23時間は独房で過ごさなければならないのだが、貴重な自由時間の1時間で弁護士と家族に電話をかけ、泣いていたという。

 パリスは寝ることも食べることもできずにおり、独房のなかは「凍えるほど寒い」と訴える。3枚の毛布が与えられ、枕はないので、1枚を枕にしている。また、部屋は年中明るく、獄中のどこかの物音がこだましてくるため、常に騒がしい。そんななかで食欲はなくなり、ほとんど何も食べていないと語っていたことが伝えられた。

 そんなパリスだが、実は囚人仲間たちには人気のようで、彼女の独房のドアの前に来て「こんなところあなたに相応しくないわ」と励ましたり、折り紙を折ってそっとパリスの部屋に滑り込ますものもいるという。
 独房に帰ってくるパリスに囚人たちの間から「パリス!パリス!パリス!」という掛け声がかかった際には、パリスの決め顔スマイルも登場した。獄中でもサービス精神は健在だ。
(たさいちやこ)

オリコントピックス

 を検索