アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 十津川警部シリーズ38作目に主演の渡瀬恒彦も感慨深げ

十津川警部シリーズ38作目に主演の渡瀬恒彦も感慨深げ

 渡瀬恒彦が2日放送のTBS系月曜ゴールデンSP西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ38『愛と悲しみの墓標』(後9・00)に主演している。渡瀬が十津川警部に扮(ふん)するこのシリーズも、今回で38作目。渡瀬は「皆さんにそれだけ見ていただいているから、続けさせていただける。とてもうれしいことです。38作の間に、シベリアとかフランスのモンサンミシェルとか、何度か外国ロケにも行きましたね」と振り返る。今作で十津川が向かうのは福島・会津若松。福島出身の佐藤B作が福島県警の警部を演じており、渡瀬は「本人いわく、福島弁はずっと封印してきたらしいんですが、今回しゃべってます。地元の人じゃないとあそこまでうまくしゃべれないと思いますね」と語っていた。

オリコントピックス