• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 【オードリーANN東京ドーム】最高にトゥースな3時間半 15周年を迎えた「ラジオモンスター」はまだまだ進化する
ORICON NEWS

【オードリーANN東京ドーム】最高にトゥースな3時間半 15周年を迎えた「ラジオモンスター」はまだまだ進化する

 5万3000人の前でかみしめるように語った「ラジオと漫才信じてきてよかった」。これが、若林正恭の言葉だった。まさに“最高にトゥース”な3時間40分あまりの大イベント。ニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週土曜 深1:00)の放送開始15周年を記念した番組イベント『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』が、18日に行われた。同局によると、東京ドームに5万3000人、47都道府県の映画館など201会場で行われたライブビューイング(※映画館200館+LINE CUBE SHIBUYA)には5万2000人、オンライン生配信には5万5000人が鑑賞するなど、合計16万人が熱狂。その中心にいた若林、春日俊彰には充実した表情が広がっていた。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


■会場の光景から関係性の深さを実感 ラジオの名場面が眼前に広がる

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 番組内で東京ドーム開催が発表されてから約1年、ついにこの日がやってきた。イベント前、東京ドームに到着すると『ANN』のテーマソングである「ビタースウィートサンバ」、星野源による今回のイベントの主題歌「おともだち」が流れている。はためく“のぼり”には、オードリーはもちろん、「チーム付け焼き刃」の愛称で親しまれるスタッフ陣の顔と名前もあり、リトルトゥース(番組リスナーの愛称)たちが、思い思いに写真を撮影している。イベントグッズの販売場所は長蛇の列、この番組が15年かけて作り上げてきた関係性の深さを実感する。

 午後3時30分から会場限定で、放送作家の藤井青銅氏、どきどきキャンプの佐藤満春による「サトミツ・青銅のオール前座ニッポン」を実施。イベント直前5分は会場から生で行われ、放送を終えた2人が歩いていると、どこからともなく観客から大きな拍手が送られた。それから暗転して、本番が近づくと会場からは盛大な歓声が上がった。オープニングは、星野の「おともだち」に乗せて、アニメーション演出が施された。その後、入場前のVTR演出が放映されると、会場中の「リトルトゥース」から笑い声が漏れた。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 壮大なオープニング映像後、若林はエミネムオマージュとみられるポーズでキメた後、このイベントに向けた体力作りのために使っていた“自転車”に乗って、風を切るようにドームの周りを1周。一方の春日は、番組スタッフを従えて、姿を現し、3塁側ベンチから、自身の名前を冠した番組グッズのタオルを掲げてゆっくりと歩みを進めていった。2人がドームの中心に並ぶと、会場中に喜びが伝播していく様子が伝わってきた。若林が「こんばんは、ラジオモンスターです!えー自転車で来ました。きょうは、ラジオやります」と宣言すると、春日もいつものように「東京ドーム、カスミン」とあいさつした。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 東京ドームを舞台にしながら、あくまでいつも通りの“オープニングトーク”が行われた後には、東島衣里アナのナレーションで会場内に“有名人”が訪れているとのアナウンスが。番組でもおなじみの存在となっている「ビトさん」こと、ビートたけしのものまね芸人・ビトたけしが、たけしよろしく映画『首』を彷彿とさせる甲冑姿で登場し「オレが天下を取ったら、こんなもんじゃないぞ!」などといった劇中のせりふを放った。その後も、合間でニッチロー、TAIGA&ダブルネーム・ジョーによる「キサラ」名シーンの再現など、番組内で紹介された出来事が目の前で繰り広げられていく。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

■春日の若林愛あふれるトークパート 東京ドームに「味玉メーカー」降臨

 若林のトークパートでは、体力作りの一環で行っていた自転車を生かして「Uber Eatsの配達員デビュー」をしたと告白。デビューまでの躊躇(ちゅうちょ)についても触れながら、着せずしてデビューのタイミングが訪れたのだと振り返った。デビュー時の配達について「Uber Eatsの渡し方が、手渡しか置き配になっていて…。結局置き配だったんだけど、配達したっていう手応えがなくて…」とこっそりその場を再び確認したと告白。「そうしたら、チャーハンセットがなくなっていて、よっしゃー!って。成功して。自転車また乗って、スマホ見たら、配達料がきていたのよ。マジで円が万に見えた」と笑顔で語っていた。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 春日のトークパートでは、番組内で話題にあがった思い出の町中華「長楽」のポークライスを、春日が若林のために“完全再現”。実際に食べた若林が「スカそうと思ったけど、泣きそう。何年ぶりだ、これ。いやーこれだわ。これはすごい」と口にすると、春日が「よっしゃ!」と大きくガッツポーズを作る様子は“部室トーク”を感じさせ、それを東京ドームで見ていることに不思議な感覚になった。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 オードリーとも親交が深く、春日が「お姉さん」と親しみを込めて呼ぶ松本明子も“有名人企画”に登場。自身の代表曲のイントロが流れるも、時間が押しているとの理由から歌うことができないという“オチ”もついたところで、春日メインの企画へと突入していく。番組内で話題になった、春日俊彰が妻・クミさんの味玉トッピングをケチっている“因縁”から派生して「プロレスマッチ」へと展開。クミさんの親友・フワちゃんが、クミさんのくやしさを胸にリングに立った。実況は飯田浩司アナ、解説は佐藤満春、クミさんが務め、リングアナは田中ケロが担当した。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 この日のためにプロレスリング・ノアで練習を積んできた春日は、大仁田厚オマージュで「邪道」ならぬ「春道」のピンクジャケットとパイプいすを手にふてぶてしく入場。ゴングが鳴り、技の応酬も見られる熱戦が繰り広げられたが、惜しくもフワちゃんの惜敗となり、ヒール役の春日の勝利に会場からはブーイングが起こった。マイクを持った春日が「本日はね、東京ドームお越しいただきまして、誠にありがとうございます!ご覧の通り、春日が完勝しました!おい、佐藤ミツ、クミさん、上がってらっしゃいよ」と2人を呼び込んだ。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 春日は「よしよしよし。見ていたでしょ?春日が完全に勝ちました。とういうことで、春日家、未来永劫、子孫に渡るまで、味玉をつけることはできません!ってなるところでしたが、フワがね、非常に頑張ってくれたんで、少し考え変えまして、ラーメンに味玉つけてあげてもいいかなと思うんですけど、どうですかお客さん?それじゃあな、東京ドームに味玉の雨が降るぞ」と、オカダ・カズチカの「レインメーカー」よろしく「味玉メーカー」として、鬼そば藤谷で実際に使える味玉トッピング無料券が飛び交った。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

■“星と若”が見せた奇跡 若林「みなさん最高のトゥースですよ」

 若林がDJプレイを行うパートでは、番組内の名言を「ビタースウィートサンバ」に乗せて紹介する一幕が。2曲を終えて、「Orange」のDJプレイに入るかと思われたところで星野源がセンターステージにサプライズ登場を果たし「久しぶりだな、東京ドーム」とつぶやくと、会場の観客から驚きと大きな歓声が上がった。花道中央で近づいていった2人は「Orange」を披露した。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 会場の興奮も冷めやらぬ中、2人でのトークが実現。若林が「『Orange』できてうれしかったな。思い出しますよね。いろいろ。きょうは歌っていただいて、トークもしていただいて、ありがとうございます!」と終わりのムードを出すと、星野が「せっかく来たんで、もう1曲やりません(笑)?」と提案。星野が「この2人といえば、もう1曲あるんですよね?みなさん、立ちませんか?」と切り出すと、センターステージで「Pop Virus」のコラボを行った。MC.wakaのラップパートは、東京ドームバージョンにアレンジされており、スマートフォンの明かりが灯りだす、唯一無二の「LIGHTHOUSE」による空間が広がった。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 感動の余韻が残る中、いつもどおりに「死んでもやめんじゃねーぞ」のコーナーに。そのまま、エンディングトークになり、ラジオブースを模したトロッコでドームを回っていった。最後は、再び2人が登場し、圧巻の30分超にわたる漫才で大団円。若林から「どうでしたか、春日さん」と向けられた春日は「ほんとにね、ありがとね。ハハハ(笑)。ネタじゃないけどさ、ホントにありがとねっていう。演者のみなさんもそうだけどさ。来てくれて、ありがとねっていう」と感慨深げに口にした。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 若林が「配信、ライブビューイング、会場、みなさん最高のトゥースですよ。ありがたかったね。こうやって集まって、みなさんのおかげで舞台を作ってくれましたから。ちょっと言葉が見つからないくらい、そういう気持ちであふれていますよ。そうですね、何年後になるかわからないですけど、お互いトゥースだったら、またやろうよ」と呼びかけると、春日も「これはトゥースな話よ」と応じた。若林が「我々はいつも土曜深夜1時にしゃべり続けていくので、気が向いたらまた聞いてください。トゥースとしかいいようがない」と締めくくった。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 同じスクールで親交を深めてコンビとなった2人が『M-1グランプリ』で「ズレ漫才」を披露して革命を起こし、『ANN』に飛び込んでから15年。思わずソレダメと言いたくなるようなしくじりがあっても、ラジオで真正面から向き合ってきた。日向坂46のメンバーに呼びかけた「東京ドームで会いましょう」の言葉が現実となったこの日、ベスコンな2人が最高のロケーションで行われた激レアイベントを大成功に導いた。100のカメラがあっても足りないくらい、あちこちから、その勇姿を「こっち側」のリトルトゥースたちが見守った。先の展開を知らないハラハラ感はまるで、今年のNFLスーパーボウルのよう。「ぜひらー」歓喜の松本明子のなんともいえない表情は、今思い出しても笑ってしまう。3回半あまり回転した、春日と若林の最高にトゥースな3600秒は、多くの人たちの希望となった。土曜の夜になれば、まだまだ進化を続ける「ラジオモンスター」に会える。

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

写真ページを見る

 『ANN』史上初となる東京ドームでの番組イベントで、ラジオ界にとっても前代未聞の挑戦。東京ドームのほか、47都道府県の200ヶ所の映画館、LINE CUBE SHIBUYAの201会場でのライブビューイング、オンライン生配信も実施された。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 【オードリーANN東京ドーム】サトミツ&青銅の『オール前座ニッポン』&OPはアニメ演出
  2. 2. 【オードリーANN東京ドーム】若林「ラジオモンスターです」、春日「東京ドーム、カスミン」
  3. 3. 【オードリーANN東京ドーム】春日の心残りは“プロスピ” 通常運転のOPトーク
  4. 4. 【オードリーANN東京ドーム】ビトたけし見参! 映画『首』の名フレーズで沸かす
  5. 5. 【オードリーANN東京ドーム】若林正恭、Uber Eats配達員デビュー告白 すでに50軒以上担当
  6. 6. 【オードリーANN東京ドーム】星野源&若林正恭“星と若”が共演! サプライズコラボに会場熱狂
  7. 7. 【オードリーANN東京ドーム】春日VSフワのプロレス!若林&星野源が熱唱!そして漫才! 16万人が熱狂「ラジオモンスター」イベントに
  8. 8. 【オードリーANN東京ドーム】春日VSフワちゃんのプロレス実現「東京ドームに味玉の雨が降るぞ」
  9. 9. 【オードリーANN東京ドーム】最高にトゥースな3時間半 15周年を迎えた「ラジオモンスター」はまだまだ進化する
  10. 10. 【オードリーANN東京ドーム】オードリーの熱い抱擁にファン感動「こんなん、泣くやん」
  11. 11. 【オードリーANN東京ドーム】フワちゃん、オードリー&星野源との“最高4ショット”「おともだち!!」
  12. 12. 【オードリーANN東京ドーム】“たりないふたり”山里亮太「ラジオやってた、それがすごい」 嫉妬もチラリ?
  13. 13. 【オードリーANN東京ドーム】水卜麻美、愛にあふれた50秒間のスピーチ「胸がいっぱい」【コメントほぼ全文】
  14. 14. 【オードリーANN東京ドーム】オードリーの「おともだち」谷口さんがコメント「このイベントを成し遂げた2人は本当に凄い」
  15. 15. 【オードリーANN東京ドーム】長屋晴子が感動「いちファンとして見ておりました」
  16. 16. 【オードリーANN東京ドーム】星野源、出演経緯を丁寧に説明 “最高にトゥース”な現場への参加「すごくうれしかった」
  17. 17. 【オードリーANN東京ドーム】山里亮太『不毛な議論』でしみじみ「とにかくすごかった」 若林からのLINE「すっげーあったかい言葉が…」
  18. 18. 【オードリーANN東京ドーム】星野源&オードリー“最高にトゥースな3S”
  19. 19. 【オードリーANN東京ドーム】はなわ熱弁「ラジオのすごさを証明してくれました」 “まえけんさん”への思いも
  20. 20. 【オードリーANN東京ドーム】水卜麻美アナが正座で…若林正恭に「サインしてください」
  21. 21. 【オードリーANN東京ドーム】春日“安定のトーク”で「これをもってドームの余韻終了(笑)」
  22. 22. 【オードリーANN東京ドーム】若林正恭、すべてのリトルトゥースに感謝「1年間みんなでやったな」
  23. 23. 水卜麻美、東京ドームでの“最高にトゥース”なファンたちに感激 若林からもらった“サイン本”「お守りにして…」

▼ その他の流れをもっと見る

関連写真

  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送
  • 『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』の模様(C)ニッポン放送

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索