2021年から約1年半にわたり行われたLDH JAPAN史上最大のオーディション『iCON Z 〜Dreams For Children〜』男性部門の第二章から誕生した3グループ・KID PHENOMENON(キッドフェノメノン)、THE JET BOY BANGERZ(ザジェットボーイバンガーズ)、WOLF HOWL HARMONY(ウルフハウルハーモニー)が、23日の同時デビューを前に、きょう21日午後8時から15分おきにYouTubeでミュージックビデオをプレミア公開する。 オーディション『iCON Z 〜Dreams For Children〜』には、男女合わせて4万8000人が応募。2022年5月に行われた第一章最終審査で6人組グループLIL LEAGUE(リルリーグ)がグランプリに輝き、今年1月11日にシングル「Hunter」でメジャーデビュー。そして、今月23日には第二章から誕生したKID PHENOMENON 、THE JET BOY BANGERZの2組がSony Music Labelsより、WOLF HOWL HARMONYがavexのrhythm zoneよりデビューする。

この記事の画像

  • 平均年齢17歳の7人組ダンス&ボーカルグループ・KID PHENOMENON
  • ダンスのプロリーグ「D.LEAGUE」所属メンバー5人を含む10人組ダンス&ボーカルグループ・THE JET BOY BANGERZ
  • DEEP SQUADでも活動中の杉山亮司と比嘉涼樹を含めた4人組ボーカル&ラップグループ・WOLF HOWL HARMONY

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索